おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊22周年を迎えます

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談

[2019年4月19日掲載]

何でも相談
自己中心的な知人が煙たくなる

 
  30代後半のパート主婦、2人の子どもがいます。パート先の女性と仲良くなり、数年間のお付き合いをしてきましたが最近、彼女との関係がおかしくなっています。
 彼女は私より年下で自分のことを美人で可愛いと思いこみ、他人の容姿をけなします。一緒に働く同僚の名前をあげては「あの人は背が低く太っているから友達になりたくない」「いま風は、顔美人よりもスタイル美人の時代だよね」などと、自分にたとえて容姿のことを話します。
 私自身、容姿は人並みだと思っていますが、正直、彼女は私を好きではないようです。それなのに買い物をして早く帰りたい私に、ちょっとお茶しないと言っては、1時間ぐらい愚痴をぶちまけます。すべてが自己中心的で煙たい存在です。
 自分の気に入らない人を批判して、否定する性格が嫌だし、彼女の幼稚な考え方や振る舞いも最近許せなくなってきました。
 このまま付き合いを続けるべきか、距離を置いた方が良いのか迷っています。彼女のようなタイプは、私が彼女から離れると今まで私が聞かされていた他人の悪口と同様なことを今度は私を対象に言いふらすでしょう。
 今後どうしたら良いか、アドバイスをお願いします。今のパートは時間給もいいし、パート時間も子どもの下校に合わせてくれるのでいい勤務先なのでなるべくなら辞めたくないのです。
 (N・Hさん)
 
  公園のベンチに座り、通り過ぎていく人を見ていると、欠点のない容姿の人などありません。みんなそれなりだなあというのが正直な感想です。どんなに見ために麗しい女性でも他人には計り知れない悩みがあるようです。それに蓼(たで)食う虫も好き好き、痘痕(あばた)もえくぼというように、見た目が不釣り合いなカップルもたくさん通り過ぎて行きます。エジプトの女王クレオパトラも、もう少し鼻が高かったといわれるように、万人にとって完璧な容姿は存在しないということでしょう。
 ところが、あなたの友人にはどうも理想的な容姿というものがあるらしい。おそらく小さい頃から可愛い、可愛いといわれ、特別扱いされてきたのでしょう。容姿のおかげで得することもあったかもしれませんが失ったもの、経験できなかったことなど多々あるように思われます。美醜に囚(とら)われるということは、美醜でしか人間を判断できないということで、実に気の毒な人生を送っていると思われます。
 彼女とは数年間仲良くやってきたのに、最近関係がおかしいとなったとありますね。彼女が許せないなら無理に付き合い続けることはないと思います。もし以前の彼女に戻ってほしいという気持ちがあるなら、あなたが気になっていることを冷静に話してみてはどうでしょう。今の彼女に必要なのは、腹を割って話し合える親友ではないかと思います。
 (担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2019年4月19日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索