おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊22周年を迎えます

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談

[2019年4月12日掲載]

何でも相談
妹の結婚相手、経済力に不安

 
  20代の主婦です。妹が学生時代からの交際相手とこの秋に結婚したいと準備を進めていますが、彼の経済力が心配です。
 彼は会社員ですが教員になりたいという夢があり、会社に勤めながら通信教育を受けています。ただ、教育実習になると、1カ月近く会社を休まなければなりませんが、彼の勤める会社は休職などの話ができる会社ではなさそうで、会社を辞めなければならないようです。
 私が結婚する際、父に主人の職業を聞かれ、契約社員だと言ったら「いつ辞めさせられるか分からん不安定な男と結婚させられない」と言われました。その後、主人は正社員にしてくれるよう会社と交渉してなれたのでよかったのですが、妹もそのことを知っているのでまだ両親には結婚したいことを話せずにいます。
 彼が教育採用試験に合格すれば問題もありませんが、不採用になるかもしれません。その時は働かず妹のひも生活になる可能性があるのならば、結婚を延ばしてもいいのではと思うのです。妹が妊娠して仕事を辞めることにでもなったら、たちまち生活に困ります。
 妹は両親には自分から話すので姉さんはしゃべらんといてと口止めされています。でも、2人姉妹としては心配でしかたありません。父は近所でも頑固で通っており、一度言ったら考えを変えることは難しい人です。妹と父によきアドバイスがあれば教えてください。
 (Y・Kさん)
 
  妹さんは彼とは何年もつきあって、お互いのことをよく分かっているから結婚を決意されたのだと思います。彼の教師になりたい夢を応援したいし、彼が教師になれば生徒たちにとってすばらしい先生となり、いじめなどのおこらないクラスにしていくことを確信しているから、彼を支えていきたいと考えているのでしょう。そんな2人に私もエールを送りたいものです。
 日本の社会は少子高齢化が進み人口減少が始まりました。労働不足では経済成長もままならないと外国人の労働者の受け入れも始まりました。しかし、男女共生社会と言われて久しいのにまだ、男が家族を養うもので共働きの夫を未だに甲斐性のない男と決めつける親もいます。たぶんあなたの父親もその一人でしょう。
 確かに、結婚生活は愛情だけではできません。経済面は大切です。ただ、妹さんは働いていて収入があり、彼が教員採用試験を受ける間ぐらいは家計を支えられると判断しているのだろうと思います。
 彼も妹のひもになるような男ではないことはあなたも妹さんを通して分かっているはずで心配する必要は何もないと思います。
 夫婦の役割のあり方はひとそれぞれです。子どもの教育、マイホームプランなど、2人の夢を形にしていく事に妻の方がビジネスに向いていれば専業主夫でもよいわけです。妹さんの能力や性格をよく知っているあなたが妹さんの結婚を祝福し、両親への説得をかってでられることを望みます。
 (担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事
2019年4月12日付 連載・特集 一覧

2019年4月12日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索