おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊22周年を迎えます

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談

[2019年3月15日掲載]

何でも相談
感情的になる夫 どう処理すべきか

 
  40代の女性。同年代の夫と10年前に自営業を始め、この10年間私は休みも、大したお金ももらえず、一緒に働き続けました。その上、夫は気に入らないことがあるとすぐに大声でどなり「謝れ」、「言い訳するな」を連呼するので困っています。
 夫は、私と結婚後も司法書士を目指して勉強していましたが10年前にあきらめました。自分の性格は組織の中では生きられないと自覚して、養父母の援助もあって自営業を始めたのです。
 普段は仲の良い夫婦で、機嫌の良い時の夫は穏やかですが、突然変わるのです。毎日2回休憩時間を取りお茶と駄菓子を用意するのですが、その時はたまたま駄菓子がなくコーヒーにすると「僕は毎日、この休憩時間が楽しくて頑張っているんだ、君は何も分かっていない」と怒り出すのです。そして言い訳をすると「言い訳女」とまた怒り出す始末です。
 友達もおらず、世間知らずで、何か気に入らないことがあると、大声を出すので義母に相談すると、養父にそっくり、困った親子だと言われ、思わず笑ってしまいました。
 末っ子の子どもも今春他県の大学に行くので夫婦2人暮らしになります。子どもがいれば夫婦ゲンカをしてもいつも私の味方になってくれてストレスの解消にもなりましたが、これから自分が悪いと思わなくてもその場を過すために謝らなければならないのでしょうか。世間知らずの夫をフォローしていくのに疲れました。
 (H・Uさん)
 
  気に入らないことがあるとすぐにどなる夫についての相談ですが、困った夫と言いながらも、普段は穏やかで仲の良い夫婦とおっしゃっているので、基本的にはいいご夫婦なのではないでしょうか。
 まず、よくどなる相手に理論的に対処してもうまくいかないことはあなたも分っているはず。感情的になっている夫に感情的に対処しても互いの炎は燃え盛るだけです。大切なのは、今、夫は感情的になっているとあなたが気づくこと。その上で夫の感情を思いやるゆとりを持つことが必要です。
 大学時代から一途に司法書士を目指して勉強を続けていたのをあきらめ、組織の中で生きられずに自営業をしている夫の寂しさや葛藤はどれくらいでしょう。大学時代の同級生で司法書士を目指した仲間が資格を取っているならなおさらです。
 たぶん、そんな夫の支えになっていたのは彼と結婚したあなたです。
 その葛藤に気づいてあげて、今の自営業を発展させませんか。私が想像するには、世間知らずの夫より経営感覚はあなたの方があると思われます。幸い義理の両親との関係も悪くないようです。組織で生きられない夫を、組織で生きなくてもいい人生にしてあげることで夫の性格も変えてあげましょう。子どものような夫はまだまだ変わります。夫のフォローの中に幸せがありそうです。
 (担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2019年3月15日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索