おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談

[2018年11月9日掲載]

何でも相談
食事に感謝の言葉のない夫
 
  40代のパート女性。小学生と中学生の子どもと夫の4人家族です。夫が私の作る食事に「いただきます」も「ごちそうさま」も言わないのが、この頃腹立たしくなりました。
 子どもたちは小さい時から手を合わせて「いただきます。ごちそうさま」と自然体で言ってくれるのに夫は無表情で食事をします。食べ終わって食器を流しに持ってくるのはいいのですが、何も言いません。「おいしい」とか「おいしかったよ」という言葉も聞いたことがありません。要するに、私の料理が下手でまずいため、言わないのだと解釈しています。
 料理に自信がないのに結婚してからほぼ毎日、夫の弁当を作ってきました。それに対しても「ありがとう」の一言もありません。ところが、たまに昼食を買って食べるように頼むと、帰ってきてから「おにぎりとパンを買って食べた」と報告してきます。私が「悪かったね」と謝る始末です。
 子どもたちが気を配って「今日の料理おいしいね。時間かかったでしょう」などと言ってくれるのが、せめての慰めで、夫の無表情に違和感を覚えます。
 ここ数年は、食事を作るのが楽しくなくなりました。蓄積された不満が爆発寸前で、食事のことで夫が何かを言おうものなら本気で別れたいと考えます。
 (M・Kさん)
 
  「いただきます」「ごちそうさま」というのは食事のあいさつですよね。もし、それを言わねばマナー違反です。
 そうなると、しつけの問題ですから、さかのぼると夫の両親の子どもに対するしつけ、家庭環境になります。今さらそんなことを言っても仕方ないですから、これから夫をどう教育するか、ということになります。しかし、食事をおいしいと思ってくれない。ありがとうの感謝の気持ちがない。という感情が絡んでいるので、ちょっと複雑です。
 あなたが感じていることが間違いとは言いませんが、夫婦間のコミュニケーション不足のための誤解、早合点という面もあるのでは?と思うのです。
 夫は、あなたの料理を本当にまずいと思っているのか?好き嫌いがあるだけなのか?本当はあなたが作る食事が楽しみなのに、性格上感謝の言葉が出ないだけなのか?お昼のおにぎりとパンの話は単に報告しただけで、あなたに謝ってほしいとは全く思っていなかったとか?
 これからのことを二人の対話の中から明らかにすべきで、誤解があるようなら、不満が爆発しない前に修正しましょう。
 (担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2018年11月9日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索