おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談

[2018年10月12日掲載]

何でも相談
気遣いのない友人にモヤモ

 
  30代後半の主婦。小中高校と一緒だった幼なじみの友人が我が家に遊びに来る時、気遣いが感じられず、いつもモヤモヤした気持ちが拭えません。
 私は3年前に結婚し、子どもが1人いて、慣れない育児に悪戦苦闘中の毎日です。一方、彼女は今でも独身中で自由気ままな生活を続けています。
 以前は毎月1回は彼女と一緒に出かけショッピングやドライブを楽しんでいました。子どもが生まれてからは、彼女に我が家に来てもらうようになりましたが、手土産はコンビニで売っているクッキーとかポテトチップス1袋で値段も100円程度です。私は彼女のために毎回お菓子を用意したり、お昼ご飯を作ったりしているのに、彼女のお土産に「それはないでしょう」と思ってしまいます。
 彼女は会社勤めをしており、ずっと実家暮らしです。それで友人を家に呼ぶこともなく、人を家に迎える私の気持ちがわからないようです。もうすぐ40歳になるのに、人への気遣いができず、その場にふさわしい手土産も選べないようでは、これからも結婚相手など見つからないと思います。一般常識をどうやって気付かせてあげたらいいのでしょうか。私のモヤモヤを他の人も感じていると思うと彼女のことが心配になります。
 (S・Hさん)
 
  あなたが思われるように40年間も生きてきたら、世間の常識もわかり、自然と手土産などに気遣いをするようになり、あなたの家に来る場合は、あなたか、お子さんが喜ぶものを選んで持参するものでしょうね。
 でも彼女は、あなたとは幼なじみでずっと仲良しだったので、気遣いのいらない仲だと思っているかもしれません。また、あなたに子どもが生まれて出られなくなったので、自分が行ってあげている、という感覚があるとも考えられます。あなたが手土産のことで、自分に対してモヤモヤしているなどとは夢にも思っていないのでしょう。こんなふうに、相手は相手の立場での考え方や感じ方があるものです。
 あなたは気遣いの出来ない彼女を心配している、と言われるが、実は子育て中のあなたと独身の彼女との環境の差が、あなたに違和感をもたらすようになっているのではないですか。モヤモヤがこれからも止まらないのなら、彼女と少し距離をとってみてはどうでしょう。そうすると自分の気持ちがよく見えてくるものです。
 気遣いのない人には、気を使わなくてもいい気楽さもあります。気心の知れた友達のよさを改めて思えるようになるかもしれません。
 (担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2018年10月12日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索