おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談

[2018年10月5日掲載]

何でも相談
出来の悪い子ども落ち込む

 
  40代の看護師。小学生と中学生の子どもがいて、2人のテストの結果に一喜一憂しています。
 2人は兄弟なのに性格も勉強の出来も全く違います。小学生の方は夏休みの宿題は最初の3日間ぐらいで終え、悠悠自適な夏休みを過しました。特に勉強をしているわけではないのにクラスで3番内には入っているようで、何事も安心して見ていられます。
 一方、兄の方は出来が悪いのに本人は何とも思っていないようでテストの結果が悪くても「はい」と言って差し出します。母も心配して「私の年金で塾代を出してあげるから行かせなさい」と言ってくれたので塾に行かせ、私も勉強を見てやるなどサポートしていますが、結果が伴わないのです。先日も、学校のテストの結果があまりに悪く、落ち込んでしまいました。
 私自身は、親から放任されて気ままに育ってきたのに、なぜか親とは反対に、口うるさい母親になっています。子どもから「〇〇君は学年で〇番だった」と聞くと、心穏やかではいられません。また、「友達はスマートフォン買ってもらった」「家族で旅行に行った」と聞けば「よそはよそうちはうち」と言ってしまいます。
 どうしたら、子どもに過度な期待をせず、寛大な気持ちで接しられるのか。おおらかな母親でいられるのか。助言お願いします。
 (M・Tさん)
 
  文面に父親の姿が見られません。きっとあなたが大黒柱で2人の子どもを育てられているのでしょう。
 環境は違っても子どもに過度な期待をせず、寛大でいられる良い方法はないと思います。自分の子と他人の子を比較するのは親として当たり前です。
 あなたが長男に理想的な子どもを求めるだけでなく、自分に対しても理想的な母親を求めておられる。それが過度なという言葉に表れていると思います。
 両親のいる子どもに負けず立派に子どもを育てあげたい気持ちは分かりますが、もう少しおおらかになっていただきたいと思います。自分が親から放任主義で育てられ、何が良かったのか、悪かったのか、淋しい思いをしたことなど、一度振り返って見てください。確かに父親がいれば1人は叱る役目、1人は慰める役目と役割を分担出来るように思われますが現実はそうでもありません。あなたと長男の関係も客観的に見れば仲の良い母と子の関係に見えます。
 これからも今まで通りの体当たりの教育で良いと思います。それよりも、仕事や子育て以外の自分の時間も少し作りましょう。それがアドバイスです。
 (担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2018年10月5日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索