おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談

[2018年9月14日掲載]

何でも相談
夫婦げんかでセックスレス

 
  20代主婦。結婚して2年、子どもが1人います。
 恋愛中はそうでもなかったのですが、結婚してからの夫は気に入らないことがあるとちょっとしたことですぐキレます。自分の意見を曲げず、私の考えを受け入れません。3カ月前に親のことを悪く言われ大げんかをし、それから不信感を抱くようになりました。
 それ以来、セックスレスになりました。夫は普段は優しく、昼間の夫婦仲は良いのです。でも、夜は夫を受け入れることができません。
 友人が「それは性嫌悪症とちがう」と言いました。よく分からないのでインターネットで調べると、夫婦げんかが原因で、セックスができなくなるなどと書かれていて、自分の状況と似ている気がしました。
 子どもは3人ほしいとの願望があり、このままではいけないと思い、一時夫との仲を復活しましたが、嫌な緊張感があります。自分の気持ちを偽っていると思うと、涙が出てきて止まりません。
 夫に親の悪口を言われたショックから私は「性嫌悪症」になったのでしょうか。これから夫とどう接していけばいいのでしょうか。
 (S・Oさん)
 
  「性嫌悪症」という病名も病気も知りませんでしたが、セックスは男女とも心理的な要素が大きく影響します。相手に対しわだかまりがあれば嫌悪するのは当然のことです。
 あなたの場合も、夫に自分のことならいざ知らず両親のことを悪く言われれば、夫に不信感を抱くことも必然です。夫がそのことに対し、あなたに謝りの言葉がない限り2人の心の問題の解決とはならないでしょう。
 なぜ、あなたの夫君は結婚してからあなたにつらく当たりキレやすくなったのでしょうか。普段はやさしく、昼間は仲が良いことなどを考えれば、あなたのことが嫌いだからではなさそうです。仕事や人間関係などでつらいことがあって、あなたの言動に少しでも気に入らないことがあるとそれを糸口に、あなたに八つ当たりすることでストレスを解消しているようにも思えます。そうだとするとずいぶん迷惑な話ですが、世間の夫の半分くらいは仕事や社会でのストレスを一番身近な妻にぶつけるタイプかもしれません。元来自分に自信がもてず、小心者で家庭内で強がります。キレたあとで、ご主人は反省しているはずで普段やさしいのも夫の2面性の一方でしょう。
 このような夫の心理的な背景をよく理解してあげることで、あなた自身の気持ちも変わるでしょうし、本来優しい夫の良い面だけが引き出るかもしれません。
 (担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2018年9月14日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索