おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談

[2018年7月6日掲載]

何でも相談
年下・家柄に家族が反対

 
  30代後半の女性会社員。小さな会社ですが仕事の能力が認められ、同級生からも羨ましがられるほどの給料があり、生活は安定しています。ただ、彼との結婚を両親と姉から反対されています。彼が5歳年下で、家柄が違うというのです。
 結婚したいのなら「家族の縁を切る」とまで言われています。彼は年下でもしっかりしています。両親にもお会いしましたが、よい方で不安はないのですが「苦労する。やめておけ」の一点張りです。彼に会って判断してほしいから一度連れてくるからと頼んでも「結婚は許さないから、会う必要はない」といいます。
 姉は伯父の薦める見合いで結婚しており、父と姉は特に、家柄が違うからという理由で猛反対するので、話し合いにもなりません。
 彼は時間をかけて説得しようと言ってくれるのですが、私には時間をかけても説得できる自信はありません。自分の家族の視野の狭さにも落胆しています。
 このままでは彼と会うことも反対しかねないので一人暮らしをしようと思いますが、その話を切り出すと父が怒り出します。年齢が年齢だけに家族と縁を切り、彼と一緒になりたい思いが強くなる一方で両親を大切にしたい気持ちもあり、決心が定まりません。こんな父や姉を説得する方法はあるのでしょうか。
 (T・Oさん)
 
  あなたの父にすれば、私の言う通りにすれば必ず幸せになれるという自負心があり、娘の結婚相手の年齢は年上で同年齢まで。家柄は旧家で資産があればあるほどよろしいという観念の持ち主でしょう。それであなたも小さい時から親の話は素直に聞くように育てられたと思います。姉上が伯父の薦める人と結婚したのも頷けます。父としても、あなたの反抗に戸惑い「家族の縁を切る」の言葉になったのでしょう。
 結婚に反対する理由が彼が年下と家柄の違いとは時代錯誤も甚だしく、反対の理由とはなりません。
 そして、彼と会おうともしないご家族に、彼との結婚を賛成してもらうのは難しいでしょう。あなたはお姉さんと違い自分の仕事や生き方に誇りを持つキャリアウーマンです。自分の人生は自分で切り開きましょう。
 結婚は、あなたが幸せになれるかどうかの一生の問題。たとえ家族から縁を切られても人生を共にできる人と結婚すべきです。まずは、あなたが言われたように両親のもとを離れて一人暮らしを始め、彼と一緒になる決断をしたらいかがですか。家族との関係は、その後、時間をかけて修復すればいいのです。
 (担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2018年7月6日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索