おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談

[2018年6月29日掲載]

何でも相談
ゲームを取り上げたが返すべきか

  30代のパート主婦。小学5年の長男が約束を破ってゲームをしたため取り上げました。そしたら「友達らの会話についていけなくなり、学校へ行っても楽しくない」と言われ、このままでいいのかどうか迷っています。
 長男は優しく明るく素直で、我子ながら自慢したいような息子ですが、大のゲーム好きです。それで家ではルールを決めてゲームをやらせていたところ、約束を破りがちになりました。それから話し合って少しゲーム時間を増やして新たにルールを決め直したのに数日後には破ったため、取り上げました。
 ゲームのことを忘れるよう家族でトランプなどをやって楽しく過ごしました。しかし、1週間ほどで「返してほしい」と言い出しました。
 夫は返さなくていいと言いますがそれでいいのでしょうか。それとも、もう一度ルールを決めてゲームを返してやるべきでしょうか。でも、また約束を破られ、同じことの繰り返しになる予感がします。
 子どもの友人の母親に尋ねると「うちでも困っているところ、しばらくやらしてゲームに飽きるのを待つしかないのでは」と言われました。
 今まで素直だった我子にゲームのことで毎日怒ってばかりいたくありません。
 (K・Tさん)
 
  大人のパチンコのようにゲームも、はまるように作られています。やっているうちに途中で止めることができず、時間を忘れてあなたと決めたルールを破ってしまうのでしょう。人気のゲームが出ると大人でさえ、家族団らんの時間を削りゲームに浸る時代ですから、子どもが熱中するのも無理ありません。
 また、あなたやご主人が子どもに対する態度もよいと思います。頭ごなしに禁止するのではなく、子どものことを考えてゲームの時間を制限するのに話し合ってルールを決めてやらせてあげており、ゲームを取りあげるだけでなくトランプして家族みんなで楽しんだりとステキな家族です。
 長男が言う「ゲームがないと友達との会話についていけない」というのも本当のことでしょう。明るく素直な長男が仲間外れになることはないにしろ、友達に引け目を感じている様子があります。これも、ルールを2度破った罰と考えて、本人も十分反省していることでしょう。また話し合って、2度目のルールを復活させてあげたらいかがですか。
 ただし、子どもですから夢中になってルールを忘れることもあるかも知れません。その時はまた叱って取り上げる。それの繰り返しも親の仕事です。
 (担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2018年6月29日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索