おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談

[2018年2月9日掲載]

何でも相談
猫を飼いたいが妻が猛反対

 
  40代の自営業の男性。私の実家は家族がみんな猫が好きで、子どもの頃からずっと猫を飼っていました。それで結婚後も捨て猫を拾ってかわいがっていましたが、半年前に死にました。また飼いたいのですが、妻が猛反対します。
 自営業なので妻も私と一緒に働いています。客商売なのでそのストレスのせいなのか「もう一度猫を飼うと言うなら私が家を出ていく」とまで言いだす始末でけんかが増え、もうウンザリです。
 妻は仕事に家事、子育てとよくやってくれ、感謝しています。それで、妻がしたいということは、特別な理由がなければ、反対したことがありません。私が猫を飼いたいことにも、特段の反対理由がないのだから、拒否するのはおかしいと思うのです。
 猫を飼うかどうかで夫婦仲がこんなに悪くなるとは考えられません。妻は猫の話を切り出すと、自分勝手だとののしります。猫を飼いたいことが身勝手なのでしょうか。
 猫を飼うなら家を出るというのは、脅しかもしれませんが、あまりしつこく言うので本当に家出してしまいそうな気もします。
 私も少し意固地になっていますが、強引に飼っていいものか悩みます。
 (Y・Eさん)
 
  私の実家もみんな動物好きで子どものときから犬はずっと一緒、猫もおりました。そのせいか、今も犬一匹猫3匹と毎日にぎやかに過ごしていますから、あなたの愛猫家の血筋もよくわかります。
 しかし、猫を飼うと家を出ていくと言う妻の言葉は穏やかではありませんね。実行するかどうかはともかく、そう言いたくなるほど強い意思表示なのでしょう。
 そもそも妻はあなたの猫好きはわかっていながら結婚したはず。それを今度は断固拒否。あなたは妻は理由がないのに反対していると思っているようですが、問題は猫を飼うことよりも、あなたに問題があるように思います。
 これまでの日々を振り返って見て思い当たることはありませんか。あなたが猫を可愛がっている間、妻は何を感じていたのか。そんなこと、想像したこともなかったでしょう。
 あなたの愛情が猫にそそがれ、妻や子どもにおろそかになっていたということはありませんか。家族が猫好きで時にはみんなが猫に癒されているような家庭であればよいのですが、そうでない場合はペットとの距離をうまく保つ必要があります。今のままで猫を飼っても猫が気の毒。まず、妻の言い分をしっかり聞いて下さい。
 (担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2018年2月9日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索