毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談

[2017年11月24日掲載]

何でも相談
高2娘と関係が悪化

  40代、会社員の女性。娘が小学4年生の時に離婚し、シングルマザーとして子どもを育ててきました。娘は今、高校2年。その娘との関係がおかしくなってきました。
 これまでは、周囲でも評判の本当に仲の良い母娘で娘は小中高と勉強とスポーツに頑張り、時には一緒にライブに出掛け楽しい時間を過ごし、娘は私の命でした。娘にせがまれて誕生日にスマートフォンを与えたところ、娘は勉強そっちのけでスマートフォンにのめり込み出しました。
 私が注意すると、娘は暴言や暴力で反抗し、ケンカになります。素直でかわいかった以前の娘とは別人で娘は「お母さんの子どもに生まれたくなかった」と言います。
 娘と関係が悪化した今春、相談に乗ってもらった会社の上司と付き合い始めましたが、彼には家庭があり最近私から別れました。仕事のことでも助言してくれる良い人で未練があり、一人になると泣いています。
 娘とは依然険悪状態です。毎日が寂しくてこれからどう生きていけばいいかわかりません。神奈川県のアパートで男女9人の遺体が発見された事件が毎日のように報道されていますが、こんな母娘の状態が続くと娘のことが心配になります。
 (N・Tさん)

  少し前に、ファッションなども同じでまるで姉妹のような母子、友だちのような先生との師弟関係などという言葉が持てはやされました。
 あなたの母娘関係は今まであなたの持つ強い意志と理想の高さから完璧な母と良い娘でした。しかしその関係は一体化し、距離が近すぎたようにも思えます。スマートフォンはひとつのきっかけにすぎず、娘さんはそろそろあなたの理想と離れ自分の理想に向かって歩き出す時期がきたのでしょう。
 あなたにとってはそれがあぶなっかしくて見ていられないかもしれませんが、その力が強ければ強いほど反発も強くなります。
 思春期の娘さんが通る通過点と、おおらかに捉えてみてください。家族の心理関係はお互いの心の力でダイナミックに変わります。あなたがまあこんなものでいいかくらいのスタンスで接してあげると娘さんも肩肘はるのをやめるでしょう。
 今後はこれまでと違う新しい母娘関係を築く時期です。それと築く前には必ずといってよいほど嵐が吹き荒れます。しかし後には清々しい青空が広がります。どうぞ娘さんの翼が広がるまで見守ってあげて下さい。彼と別れたことも大正解です。
 (担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2017年11月24日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町村の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数43,350部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索