おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談

[2017年10月27日掲載]

何でも相談
先輩のフォローに疲れる

  30代の会社員女性。入社して5年目になりますが、同じ職場で働く女性の先輩とのコミュニケーションがうまくいかず悩んでいます。
 彼女は40代前半でプライドが高く負けず嫌いです。仕事の内容で上司から注意されても素直に認めません。それでも他人のことは気になるようで、自分の仕事と関係のない周りの会話にもすべて反応しています。
 他の部署の人にも、見下したものの言い方をするのでトラブルとなり、その都度クレームが来ます。上司が注意しますが、謝ることができません。彼女の仕事量は私の7割程度ですが、それでも彼女の仕事のフォローが必要で毎日疲れてしまいます。
 彼女はこれまで社内の部署をたらい回しに配属されており、心の病気で休職したこともあり、私たち同僚は彼女のことを理解しながらも、関わることに疲れました。
 当の本人は周囲の大変さををよそに、自分が他人からどう見られているかもわからないようで、毎日何ごともないようにのんきに出社しています。仕事もやりがいがあり、会社の待遇もよく、これからもずっとこの仕事をしたいと思っています。このような先輩とこれからどう関わっていったらよりでしょうか、助言ください。
 (K・Hさん)

  プライドが高く人の意見を聞かず、間違っていても謝ることをしない同僚や先輩はどの職場にもいるようです。謝らないから前向きな話ができないわけで困った人です。今の会社でずっと働きたいとのことですから困った先輩の対処法を論理的に考えた方がいいと思います。
 まず、対処するべき事項を整理してみましょう。仕事について彼女をフォローしてあげなければならないものと不要なものに分けます。仕事以外でも、彼女と関ることが不可欠なものと関らなくてもすむことに分けます。
 仕事面でのフォローは上司に相談して、チームを組んで対処するようにしましょう。大切なのは彼女の仕事のフォローを一人でしようとしないこと。そうすることにより彼女にもみんなで私の仕事の遅れをフォローしてくれていることが次第に理解できると思います。
 周りの会話に反応している彼女は、毎日のんきに出社しているわけではなく、不安といういらだちを抱えているもので自分に対して自信がないものです。あなたは今まで彼女の不安感に巻き込まれ疲れていたのです。チームの一員として彼女をフォローすることにすれば精神的な疲れも少なくなるでしょう。
 (担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2017年10月27日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索