おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談

[2017年9月29日掲載]

 何でも相談
 三男の夫が姑と同居

  40代のパート主婦。3人兄弟の三男と結婚したのに、この春から夫の実家で、姑と同居になりました。
 一番上の義兄は結婚して、今は社宅に住み、次男も結婚して、遠く千葉県に住んでいます。同居は亡くなった義父の遺言で、私も渋々承諾しました。
 長男夫婦の住まいは近くなのに以前から姑の面倒をみません。姑がなにかあったら電話してくるのは主人にです。姑と同居を始めると長男の妻から「お母さんのお世話、面倒をかけます。ありがとう」などとメールを送ってきます。何回も送ってくるので嫌みに感じるほどです。
 私たちの住んでいるのは築40年あまりの古い木造住宅。子どもたちも古い家で住むのはかまわないがトイレや風呂、台所の水回りなどリフォームしてほしいと言います。
 長男夫婦はこれからはもう他所への赴任はないと近々新居を建てる予定で、その建築費用の半分くらいを姑が出すようです。
 私もこの古い家に住むより新築の姑なしの家に住みたいです。その話を聞いてから毎日イライラします。今後長男夫婦にはどう対応していけばいいのでしょうか。
 (K・Yさん)

  三男の夫が実家を継いで姑と同居することを承諾したものの、家は古くリフォームするのにもかなりの費用がかかりそう。長男夫婦が近々新居を建てる計画で義母が半分出すということを聞きイライラが募るとの内容ですが、私の周囲を見渡しても必ずしも長男夫婦が親と同居しておらず、誰がどのタイミングで同居するのかは、家族によって事情が異なります。
 古い家とはいえ、家賃の心配がないのは子どもが大きくなるにつれ経済面で助かるはず。長男夫婦に対する新築の援助は、財産分与と考えておられるのではないのですか。義理の父の遺言だけでなく、兄弟の間で、どのような取り決めをしたのか夫に一度聞いてみる必要がありますね。
 また、今後介護が心配なら、事前に兄弟夫婦との間で、どう分担していくのか話し合いも必要だと思います。でも今、義母とあなたがうまくいっているのなら、よい方に考えてあげたらどうでしょうか。亡くなった義父が三男夫婦に義母と同居してほしいとの遺言は三男以上にあなたの人柄を見てお願いしたと思われます。パートで給料をもらう日には、小さなプレゼントでも贈ることでもっとよい関係になれるでしょう。また、休日などずっと一緒にいるのが不満なら、趣味なり友人と外に出て楽しむ時間を作ってもいいと思います。
 (担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2017年9月29日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索