毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談

[2017年8月11日掲載]

 何でも相談
 女性のことで妻が精神不安定に

  50代の既婚男性。仕事の関係で知り合った特定の女性と10年以上の付き合いがありました。相手は離婚歴のある人で、メールは毎日のように交わし、10日に一度は2人だけであっていました。
 付き合い始めて1年後に妻に感づかれました。その時は「すべて清算したのでもう終った」と妻に話しましたが、実際は関係を断ち切れず、悪いとはわかりながらずるずると続いていました。そして昨年の暮れ、妻にメールを読まれてしまい、さらに彼女と約束や会った日を記載した手帳まで見られました。妻はこの発覚で、私の予想をはるかに超えて取り乱しました。今年の正月は一人で里帰りしました。
 神に誓って言いますが、彼女とは異性を超えた友達で体の関係はありません。しかし、不自然な付き合いであることはわかります。でも、彼女の悩みを聞いてあげるのはいいだろう、自分も楽しいし、妻にばれなければよいと、自分に言い訳をしていました。
 今になって、多くの人が私たちが会っていることを知っており、自分の愚かさに気付きました。妻に何度もわびましたが、妻は以前とは違い精神的に不安定です。以前の妻に戻ってもらう償う方法はあるでしょうか。
 (O・Kさん)

  まず、彼女と体の関係はありませんと自分に言い訳をされていますが、奥さんにとっては「すべて清算し、もう終った」と別れたことを約束しながら、10年以上も付き合っていたとなれば、あなたに裏切られ続けていたという心の問題だったわけです。
 また、妻に何度もわびたが、妻は精神的に不安定のまま。償う方法はありますか。との相談内容は、あなたが奥さんの立場だったらどうしますか。簡単に許せますか。ということになります。これは自業自得というものでしょう。
 今後は奥さんに誠実に年月を重ねながら生きる。という以外の道は考えられません。家事も買い物も日曜大工も今までにしていなかったことをしましょう。お金で買うプレゼントより、汗を流すことの方がいいでしょう。それでも万事うまくおさまるかどうかはわかりません。
 そんな努力が幸いして少しでも奥さんの様子が変わってきたら、誕生日とか結婚記念日などの契機をきっかけに心からわびて反省していることを話しましょう。子どもたちも知っているのなら応援を頼むことです。
 そんな面倒なことはしたくないというのなら、現状に甘んじるか、家庭を放棄するかですね。
 (担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2017年8月11日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町村の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数43,350部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索