おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談

[2017年7月28日掲載]

 何でも相談
 結婚に魅力は感じないが

  40代の独身女性。結婚に魅力を感じないのに、同居する両親から勧められ、困っています。
 子どものころから暴力的で母に大声でどなり散らす父親を見て育ち、異性への嫌悪感が身についたのだと思います。幼稚園も小学校も中・高・大学も連れるのは同性ばかりでした。
 また、夫婦げんかも絶えないため、結婚にも魅力を感じることができませんでした。それでも世間体や親のために婚活を頑張ってみましたが、異性と過す時間は疲れるだけで楽しくなく、結婚するのは無理だと思いました。私は異性より同性の方が好きなのかも知れません。
 それで、母に結婚には興味なく、する気もないことを話しましたが、理解してもらえず、今また、父親と2人で結婚はした方がいいと言われています。
 老いる両親を結婚式に出席させてやりたい気持ちはあります。しかし、人生は好きに生きたいとの強い思いもあります。ただ、友人の一人に子どもを連れて離婚した人がいます。彼女は「もう2度と結婚はしない。この子は私一人で育てる」と言って仕事も子育ても頑張っています。この彼女と話していて私と違うのは彼女は別れたものの結婚生活を体験していることです。この体験そのものと子どもがいることで私とこれからの人生をどれだけ変わっていくのかが気になります。結婚について助言ください。
 (S・Oさん)

  自分の人生は好きに生きたいとの話ですから「女性の幸せは結婚」と考える両親を結婚ということ以外で納得させればよいと思います。
 あなたは今、仕事や趣味などで、充実した生活をしていますか。両親と同居しているとはいえ、経済的に自立し、生き生きと暮らしているなら、その状態をはっきりと両親に見せることです。例えば、自分ばかり遊んでいては悪いからと両親に旅行をプレゼントしたり、仕事もバリバリと楽しくやっている姿を見せて、娘は幸せで充実した生き方をしていると思えば、へんな男と結婚して不幸になるよな結婚はすすめてはいけないと思わせることです。
 親や周囲の思惑を気にする前にまず、充実した自分の生活を送りましょう。
 離婚して子どもと一緒に暮らす友人と独身の自分のこれからの生き方について述べていますが、彼女は彼女の人生があり、あなたはあなたの人生があるわけです。彼女があなたにアドバイスや助けを求めてきた時は精一杯協力してあげましょう。相手を思いやる気持ちがあれば友情は変わりません。
 (担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2017年7月28日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索