毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談

[2017年7月14日掲載]

 何でも相談
 夫以外に好きな人が

  30代の主婦。2人の子どもがいます。主人のほかに好きな人ができ、別れた今も忘れられません。今後、主人との生活をどう送ればいいのか悩んでいます。
 私は主人が初めての人で、主人以上に好きになる人などいないと思っていました。毎日きれいに家の中を掃除し、食事には主人のビールのつまみを作り、明るい子どもたちに囲まれ、時々仕事の途中に家に寄ってくれた時などは、その日1日が得した気分になりました。ところが出会ってしまったのです。その人は主人と正反対の人で、何度か会ううちに価値観を変えられてしまいました。
 主人をだましているのは悪いと思い、すぐに打ち明けました。主人がやり直そうといい、私も経済力がないので離婚は思いとどまりました。しかし、気持ちは抑えられず、相手に会ってしまいました。
 離婚も視野に入れ、主人と再度話し合いましたが子どもの親権を主張され、相手との関係は終わりました。子どもと離れられないと思いました。
 主人のことは嫌いになったわけではありませんが相手のことがまだ好きでたまりません。助言をお願いします。
 (M・Nさん)

 答 学生時代から社会人になっても異性との個人的なつきあいはなく、いい御主人と2人の子どもに恵まれ、典型的な幸せな家庭生活の中にあったあなたに価値観をガラリと変える男性が入ってきたわけですが、どのように変えられたというのでしょうか。
 何か学生時代になかった恋愛を今体験しているような気がします。しかし、あなたは既婚者、不倫には身の破滅も辞さない覚悟が必要です。夫に親権を言われてとどまるようではあなたの恋愛は単なる浮気で価値観も変わっていないわけです。
 時間がたてば一時のアバンチュールだったということで落ち着くでしょう。でも、一度話し合い離婚をとどまったものの、その後も浮気をされた夫の悔しさ、怒りは簡単には消えないと思います。
 これからの生活を平穏に送るには、あなたにもう一度覚悟が必要です。まず、その相手には2度と会ってはいけません。もちろんメールや電話もダメです。夫の傷ついた気持ちを理解し、心して毎日を送ってください。早く大人に、母親になりましょう。
 (担当=K・S) 

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2017年7月14日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町村の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数43,350部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索