毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談

[2017年4月21日掲載]

 何でも相談
 起業した夫、収入なし

  30代の女性会社員。夫と結婚して10年を迎えます。夫が15年以上勤めた会社を昨年辞め、起業しました。
 私は、そろそろ子どもを作りたいと思っていたのと、都会と違い田舎に景気が良くなる要素がないことから反対していましたが、聞き入れられませんでした。
 私の収入だけでも生活に困るということはありませんが、夫には今、ほとんど収入がなく事務所の家賃5万円の支払いにも困っているようです。そんなことで本人は進んで家事を手伝ってくれます。
 しかし、私ももうすぐ30代後半に入ります。30代前半には子どもを作ることを考えていましたが、このままでは無理だと思います。子どものための貯金もこの1年していません。
 夫が企業を諦めても元の会社に戻れるわけでもなく、これからの見通しも立ちません。私が働いても貯金もできず、自分自身、何のために生きているのか、分からなくなりました。今までの彼の見方も変わります。この気持ちをどう処理すればいいのでしょうか。
 (S・Eさん)

  あなたは夫のことが本当に好きですか。夫の愛情を感じていますか。
 彼の起業を一時反対しても、彼が決断したなら、彼の夢の実現のため、自分の仕事を辞めてでも応援したいとは思えないのですか。
 今、この何でも相談に手紙を出されたことは、ここではっきりさせる時期だと解釈させてもらいます。あなたの結婚観に30代前半で子どもを作りたい以外に何かありましたか。結婚適齢を迎えた時、近くに彼という存在があり、その後は惰性で夫と一緒に暮らし続けているように思います。
 自分の心に、夫は私にとって大切な人だろうかと尋ねてみてください。そして、離婚も想定して、夫に本音をぶつけてみましょう。「私との生活を考えるのなら、起業は一時諦めて収入のある仕事を見つけてください。そして2人の子どもを作りましょう」と迫りましょう。
 その返事次第ですが、彼はそれほど自分の人生に大切でないと感じたら別れの準備をする。また、この人を支えるために一生をささげてもよいと思うなら、彼と一緒に生活できることを喜びましょう。
 人生のパートナーであれば、起業のパートナーとして助言できるよう勉強してください。
 (担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2017年4月21日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町村の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数43,350部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索