おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談

[2017年3月31日掲載]

高卒の彼との結婚、家族が反対

 

 20代の女性。付き合って3年になる男性との結婚を、私の家族に反対されています。彼が高卒だからです。特に父が反対して、私の話を聞こうともしません。

彼は性格が穏やかで一緒にいて安らげる人です。確かに、三流の大学卒の私から見ても、一般教養に欠ける部分がありますが、常識はあります。公務員として仕事も真面目に取り組み、何よりも人に対していたわる心を持っています。

父に彼の人間性をみてほしいのですが、会ってもくれません。父の誕生日にマフラーを贈ったりして説得の努力はしていますし、これからもするつもりですが、あまりにもかたくなな性格に不安になります。将来、子育てをする時、子どもの父親が高卒だとハンデになるようなことがあるのかと考えてしまいます。

実は父も高卒で、自分が社会に出て苦労したから言っているのだと思うと親の言うことは間違っていないのではないか、と思うことがあります。しかし、これから先の人生、親と一緒に生きていくわけでもなく、家族と彼のどちらを選ぶか、決断できない自分に一番の原因があるのですが、これからどのような形で区切りをつけながら彼との結婚に向えばいいのか分らず混乱しています。

(M・Hさん)

 

 中国の東シナ海、ロシアの北方4島、北朝鮮の核ミサイル、EUの崩壊にトランプ米大統領の言動などと日本を取り巻く諸外国に多くの問題を抱える中、高等小学校卒の故・田中角栄さんならどう対処するだろうかと今、田中元首相の人間像が改めて世に問われています。

高卒と大学卒の年齢差は4年。早くから社会へ出て社会体験する者と学業に専任するものとどちらが良いのかと問われれば本人の自覚次第だと思います。だから、彼が高卒であるために、結婚を反対する考えは理不尽な話です。

人の評価は学歴によって決まるものではなく、学歴重視で反対するお父さんは未だに学歴コンプレックスを引きずっている寂しい人でしょう。

しかし、彼と会ってくれないのでは、困りましたね。因みにお母さんは、彼のことをどう思っているのでしょうか。できれば、お母さんに彼と会ってもらい、好意を持ってもらえればと思います。

あなたがわかっているように結婚はあなたの一生の問題。長い人生を共に暮らせるかどうかを決めるのは、親ではなく、あなた自身です。学歴よりも、一緒にいて安らげる人間性が大事です。

また、お父さんは、長い目で彼の人となりをみてもらうとして、彼もあなたと早く結婚したいと望んでいるなら、この際、家を出て彼と一緒に暮らしたらいかがですか、あなたが幸せになれば、親も彼を認めてくれると思います。

(担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2017年3月31日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索