おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談

[2017年1月27日掲載]

彼女を愛せない

 問 20代の会社員男性。付き合って2年近くなる彼女がいますが、愛していません。
 彼女は真面目で優しく、僕のことをひたすら思ってくれ、車でドライブすると言えば朝早くから作った弁当を持ってきてくれるかわいい人です。でも、そんな彼女の肩を抱いていながら、学生時代に付き合っていた初恋の女の子のことが浮かんでくるのです。
 初恋の彼女とは、手をつないだことも数えるほどしかありませんでした。あのころはもっと触れ合いたいとばかり考えていましたが、今となってはあのころの、そんなもどかしい感情がどんなに美しかったかと思えてなりません。
 従順な彼女に思ってもいない口説き文句をささやく自分がたまらなく嫌になります。汚くひきょう者だと思います。
 このままでは今の彼女も僕自身も苦しむだけの結末しか見えてきません。何が不満というわけじゃないんです。ただ、二度と手に入らないと分かっていながら追い求める僕の性格がうらめしいのです。
 勇気がなく、おくびょうだから彼女に責められるのが怖くて、都会にでも引っ越して、仕事も何もかも新しくやり直したいとも思います。僕はどうすればよいのでしょう。
(T・Dさん)

  まず、あなたの文を読んで、本当に20代かと思いました。彼女がいるが愛していない。初恋のもどかしい感情が美しく思える。彼女に責められるのが怖い。都会に引っ越せば何もかもやり直せる。一体どうすればよいか。などと自分のことを人ごとのように言っていること。
 あなたのよろしくないところは、自分で真剣に考えないこと。都会に引っ越せば何もかもやり直せると思うなら試してごらんなさいが答えです。
 自分をひきょう者と思うなら、ひきょう者でない人間になるしかなく、自分の性格がアマノジャクなら素直な性格になるよう心がけること。
 人に言われて直すのでなく、気がつけば自ら正す。それが大人というもので、自覚し努めれば誰でもでき、それが人間の成長です。
 ステキな彼女と別れれば後悔することは目にみえます。彼女の方が大人ですから、仕事や日常のことで悩んだら彼女に尋ねてみなさい。あなたのことを考えた上で明確な答えを出してくれるでしょう。あなたはまだ子どもです。
(担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2017年1月27日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索