おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談 ~顔の老化が気になる~

[2016年9月30日掲載]

 40代半ばの女性。医療法人の受け付けの事務をしています。このところ顔の老化が気になって仕方がありません。

仕事柄、その人の年代がわかるのですが、自分と比べてしまいます。私は顔のシワが多く、実年齢より老けて見えると思っています。

エステティックサロンに行ってみたり、価格が高めの化粧品を使ったり、自分なりに努力はしてみています。しかし、改善はされません。

美容整形というのも考えましたが、一度やればその後もやり続けないといけなくなると知人から聞かされてたので、できません。

芸能人で、同年代の人なのに、シワがない人をみると、うらやましくてたまりません。

どうしたらあきらめがつくのでしょうか。くだらない相談だと思うのですが、よろしくお願いします。
(Y・Eさん)


 芸能人で、同年代なのに、シワがない人をみると、うらやましいと嘆いていておられますが、デジタルテレビになって画質が向上して出演者のシワやシミ、肌のつやまではっきり見えるようになり、やっぱり誰でも年をとればシワやシミができ、ほっとした人も多いのではないかと思われます。

5年ほど前、デジタル放送推進協会がお題を募集した「第1回Dpa川柳」の応募作の中に「シワ目立つ 女優の顔に 安心感」がありましたが、なるほどとテレビを覗き込んだものです。

どんな美しい女優さんも年をとればシワやシミができます。若い人でも体調によっては肌のつやが悪くなります。画質がよくなかった頃はわからなかったのですが、最近は技術が進み、広告や雑誌のグラビアなどは大半が修正されているようです。美容を仕事の1部としている女優さんでさえそうなのですから、40代半ばの一般人にシワが出てきて何の不思議ではありません。

ただ、あなたの相談はどうすれば若返るかではなく、どうすればあきらめがつくかですからその分、内面を磨けばよいと言いたいところをあえてエールを送ります。

あきらめる、その時こそ老化のスタート。よく食べ、よく歩き、よく遊び、ついでに飲んでストレスを発散して、よく寝よう。これにまさる美容法なし!です。
(担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2016年9月30日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索