おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談 ~一度も彼女ができず寂しい人生~

[2016年8月26日掲載]

 20代の男性。今まで一度も彼女ができたことがなく、寂しくてやりきれなくなります。

もちろん女性から告白されたことはなく、片思いを繰り返してきました。小、中、高校時代までは好きな人に憧れのまなざしを向けるだけ。大学では多少積極的になって、何人かと遊園地や映画などに行きましたが、告白しては断られるのが関の山でした。

周りから「お前は面食いだ」ともよく言われました。確かに僕が好意を抱く女性は、他の男性にも人気のある人ばかりです。自分のことは棚に上げ、女性を容姿第一で判断し、本当に相手のことを好きと思っているのかどうかも、自分の心が分かりません。そんな自分を女性は見透かしているのかもしれません。

先日、好意を抱いていた会社の女性と花火大会に行って楽しかったから、もう一度花火大会に行こうと誘ったら、その日は友達と行く約束をしているからと体裁よく断られました。その断られ方に、この人とデートするのは二度と無理だなと感じました。こんな僕ですから、今後も女性にアプローチすべきか悩みます。
(Y・Kさん)


 あなたは異性に憧れているものの、その人ではなく、自分の満足しか求めていないということに、気づきかけていますよね。彼女がいなくて寂しいのではなく、彼女ができたことがないのが寂しくてやりきれないと言っているのですから。

そしてあなたの文面には自分のことしか書かれていません。花火を一緒に見に行った相手はきれいな人のようですが、その人でなければならない理由が書かれていません。だから、相手は自分が求められているとは感じなく、次に誘われた時は断ったのでしょう。

大人になって「憧れ」とか「告白」などと言っても誰も相手にしてくれないでしょう。「どうしてもあなたでなければならない」という切迫を感じなければ相手は「遊ぶだけなら他の人を探して」となります。振られたらまた別の人を求める、そんなあなたを見透かしているのです。

もてる男の大半は聞き上手です。相手のことを相手の身になって考えます。相手の心が揺れている時は落ちつくまでずっと傍にいてあげられるやさしさと自分のことは後回しにできるようになってはじめて恋や愛の入り口に立ちます。もう少し周囲の人に気遣いのできる人になってから、それから女性にアプローチですね。
(担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2016年8月26日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索