おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談 ~夫の暴言にもう限界~

[2016年5月27日掲載]

 40代女性。夫と子ども2人と夫の母との5人暮らしで、パート勤務。このところ離婚すべきか悩んでいます。

離婚したい理由は、夫が神経質で、仕事のストレスを私にぶつけることです。暴力こそありませんが、暴言を吐き、悪態をつき、文句を言う毎日が続き、夫婦生活も5年以上ありません。

子どもの一人に障害がありますが、夫はその子を無視したり、約束を破ったりします。それに反抗できない子どもの姿を、見ていられません。家族で出かけることもなく、お金を入れるだけで父親としての役割は果たしていません。

離婚については毎日考えますが、私には貯金がまったくなく、その子を一人にはできなのでフルタイムで働くのは無理です。今のパート収入は6万円です。

もし離婚したら、生活保護を受けなければなりません。そうなってでも別れるべきか、ためらいます。たとえお金はなくとも、子どもたちと楽しく生きていきたいと思います。よきアドバイスをいただければ幸いです。
(H・Nさん)


 仕事のストレスをあなたにぶつけ、障害のある子どもを無視したり、約束を破ったりと父としての愛情が感じられず、口うるさく文句ばかりでは、夫婦愛も家族愛も冷めているように思われます。

離婚すべきかどうかの相談ですが、あなた自身がこれからどう生きたいかにかかってくると思います。人それぞれに結婚観や家族観の違いがあり、考え方によって、結論が違います。あなたの場合は既に答えは出ていると思われます。

お金はなくとも子ども達と楽しく生きたいと考えているなら、離婚を考えた方がよいでしょう。ただ、そのためには、夫に離婚の申し入れをし、財産分与、養育費などの話し合いをする必要があります。

夫が離婚に同意しなければ、家庭裁判所で調停・裁判の手続きをしなければなりません。一人で悩まずに、定期的に行われている弁護士の法律相談にまず出向いて、離婚する条件、方法などのアドバイスを受けてください。人は誰でも幸せに生きる権利があります。あなたと子どもたちの毎日が夢のもてる生活になれるよう頑張りましょう。
(担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2016年5月27日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索