おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談 ~最近、女友達にイライラします~

[2016年3月25日掲載]

 この4月で6年になる小学生女子です。私には、家が近所で保育園のころから毎日遊ぶ仲の良い女友達がいます。でも今、その友達がうっとうしくて、イライラします。

私は動物が大好きで、父が学年で一番になったら犬を飼ってもよいと許してくれました。それで必死で頑張って1番になり、昨年母の知り合いから子犬をもらって飼いました。

そうしたら、友達はなんとそのすぐ後に同じ種類の、それも血統書付きの犬を買ってもらい、ほぼ同じ名前をつけました。私はこんなに頑張ってやっと犬を飼うことができたのに…と悲しくなりました。そのほかにも私のマネをすることが多く腹の立つことがあります。

友達は猫が苦手で、私が克服させてあげました。2人で近くの家の猫と遊んでいた時に、猫が何かに驚いて急に真上に飛び上がったので、私が「わぁ!」と叫ぶと、友達は「そんなことでびびっていると、猫とは付き合っていけないよ」と言いました。

以前、猫嫌いだった人にそんな「上から目線」で言われる筋合いはあるのですか。最近そんな人と友達でいいのかとつくづく思うのです。
(Y・Yさん)


 幼少のころから何でも兄や姉のまねをしたがる兄弟をよく見かけますが、お友達も何でもあなたのまねをしたがるのですね。相談の手紙を読んで、まるで妹みたいだなと思いました。きっとあなたがしっかりしているから、2人は友達というよりも姉妹のような関係になっているのでしょうね。

あなたはしっかり者の上に頑張り屋さんです。学年で1番になったのは勉強かな、スポーツかな。頑張ったことで飼うことができたワンちゃんはかわいいでしょうね。

友達は、そんなに思い入れがないのに犬を飼い始めたのは、それはあなたのことが大好きだからです。上からの目線の言葉もそうです。いつも妹のようにしていても、たまに背伸びをしたくなるものです。私もいつまでも子どもではないのよというアピールだと思います。

嫌いだった猫をあなたが好きにさせてあげたように、これからも友達の苦手なことに手を差し伸べ優しく接してあげましょう。そうすることであなたはますます優しい人になり、みんなから好かれ尊敬されるでしょう。そして将来きっとステキなレディーになります。その練習を彼女にさせてもらっていると思えば楽しくなるでしょう。でも、上からの目線はいけませんよ。
(担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2016年3月25日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索