おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談 ~女友達の欠点が目につきだした~

[2016年1月29日掲載]

 17歳の女子高校生。女友達のことで相談です。その友達とは昨年同じ委員になったことで仲良くなりました。休み時間に話すことも増え、より親密になる一方で、だんだんと、彼女の欠点や悪いところも目につくようになりました。

「自分はこんなにつらい思いをしながら委員を続けている」と、アピールすることや、私が友達だから話した私の失敗談を勝手に人に話して、その場を盛り上げようとするなどデリカシーもありません。逆に彼女が嫌な目に遭い慰めようと声をかけても、心配かけてありがとうの返事もなく、またすぐくっついてきたりするので不信感が募ります。

私のことを使い分けしながら何をしても許してもらえる人と思われるのが嫌なので、ことしは、はっきり言おうと思いますが、その場の空気が壊れるのが怖くてまだ言えません。でもこのままでは自分を嫌いになってしまいそうです。一度親しくなった友人は大切にしたいのですが、どうしたら気まずくならず、自分の伝えたいことをしっかり伝えることができますか。
(S・Oさん)


 友人や友達と呼べる人は遊んでも勉強しても共に成長できる人で悪友もその一人です。あなたのそのお友達はあなたよりずっと幼い感じがします。

あなたのことを「何をしても許してもらえる人」と彼女が思っているのは厳しいことを一切彼女に言わず、何でも受け入れてあげたからで彼女にとってあなたはすべてを許してくれる優しい人なのでしょう。それでは対等ではなく、彼女のためにもなりません。

これからも彼女を友達とするなら、嫌だと感じたことを、相手にきちんと伝えていくことが必要です。例えば「人の前で私の失敗談を言わないで欲しい。あなただけに話したことだから」などと、相手に思いやりを持って話すことで、彼女は少しずつ自分のデリカシーのなさに気づいていくでしょう。それでも彼女が変わらないのであれば、あなたの友達にふさわしくないのだと思います。

本当の友達とは、自然に一緒にいたいと思える人でお互いに自分の弱い所もみせられ、本音で付き合える人です。そんな良い友達を作るために、相手にとって耳が痛いことでも、「それは直した方がいい」と言ってあげることです。10人、20人のメール友達より、1~2人の本物の友達がいれば人生の宝になります。
(担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2016年1月29日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索