おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談 ~ことし中に彼と別れるべきか~

[2015年12月18日掲載]

 30代前半の女性。早いものでことしも師走に入りました。付き合っている彼とは新年を迎えると6年目になりますが結婚できそうにありません。年内に結論を出したいと悩んでいます。別れるべきでしょうか。

2年前、私の方から結婚しようと話しましたが、無理だと言われました。原因は彼の両親です。彼の父がうつ病になり、もう治っているはずなのに働こうとせず、彼の収入で暮らしています。

彼はそんな両親にぜいたく品と思われるものを買ってあげたり、外食にも頻繁に連れて行ったりするのに、私には誕生日のプレゼントすらくれたことがありません。

友人の子どもに保育園や小学校に入る子もいる中、私も早く結婚して子どもがほしいのですが、彼が結婚を考えている様子はなく、もう待てません。どうして私だけが結婚できないのだろうとイライラして、たまらない気持ちになります。

しかし、彼と別れたら年齢的にもう出会いはないのじゃないかと思うと別れる勇気がありません。ことしみたいな彼との1年を来年は過ごしたくないのです。どうか助言をお願いします。
(M・Tさん)


 師走ももう半ばですね。忙しい季節ですが皆さん新春を迎える準備をそれぞれするのもこの時期です。あなたが彼との関係に結論を出し、新年を新たな気持ちで迎えたいこともよく理解できます。

2年前に結婚は無理だと結論は出ているわけで、それでもあなたは彼と結婚したいのですか。それとも結婚をしたいが、他に相手がいないので彼に執着しているのか。まずそれを自分に問いかけてください。

彼に執着している間は新しい出会いは生まれないでしょう。5年も付き合っているのですから、決断できると思います。

あなたも誰でもいいから結婚して子どもがほしいという男性とは一緒になりたくないでしょうし、同様にとりあえず結婚したいという女性を選ぶ男性も少ないと思います。

この年末に彼に別れを告げ、新年は自分の生活を充実させることからスタートしましょう。そんなあなたに魅力を感じる男性こそ共に一生暮らせるのではないかと思うのです。

(担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2015年12月18日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索