おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談 ~職場は仕事だけではダメですか~

[2015年10月30日掲載]

 20代の女性会社員。田舎では大きいと思われる会社に勤めて2年と半年。私は働く会社の同僚とは最低限のことしか話しません。でも、食事や飲み会や遊びの話をしている職場の人たちを見ると、自分が浮いているのではないかと思って気が沈みます。

私は他人からどう思われているか、気にしすぎる性格かもしれません。その性格が同僚に分かると、周りが私に気を使うのではないかと思い、余計に疲れます。自己防衛のために、仕事の話はきちんとしますが、それ以上は話しません。

職場は日常の会話を話す人が多く、自分はその中に入れないと思うと気がふさぎます。この気持ちを軽減するよい方法はありませんか。それには自分の性格を変えるか、今のままでも自分の受け止め方を変えればいいと思うのですが、そんなことを考えるとストレスになります。

仕事で取り引き先の人と接する時は話もでき疲れを感じません。プライベートの友人とは会話を楽しみ、盛り上がることもあります。
(K・Eさん)


 あなたの行動は毎日接する職場の人とはあまり深くかかわらないようにしている。しかし、そのことで周りからどう思われているのか気になる。接客やプライベートの場では、コミュニケーションを楽しむことができる。

結論から言えば、あなたはとても上手に人との距離感を取っておられる。職場では誰か特定の人と親しくなると問題もおきそう。しかし、多くの人と親密になると疲れる。そこで職場の人とは均等にほどよい距離感を保つ。職場は仕事上のかかわりのみという考えをキープされている。

しかも、仕事上の接客はもう少し距離を近くし、プライベートでは、自分をオープンにすることができることは、私の思う人付き合いの理想に近いものです。

日本社会の職場は、お昼も一緒、休日も一緒のべったり関係が多いのですが、職場を変えることが少なく、長く働き続ける日本社会では、あなたのスタイルも大切だと思いますが、特定の人があなたを慕って近づいて来た場合や役職に付いた時には少し考えを改める必要があると思います。いかがですか。
(担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2015年10月30日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索