おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊22周年を迎えます

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談 ~パート先のパワハラを制裁したい~

[2015年10月16日掲載]

 40代の主婦。下の子が小学生になりパートに出てもうすぐ1年になります。相談はパート先の上司の暴言がひどく、我慢を重ねて働いています。

上司は30代後半の女性で、えこひいきが激しく、気に入らない人には出勤してもあいさつもしません。私も「客当たりがいいだけでいい気になるな」とか、数え切れないほどの暴言をはかれています。店長は2年ほどで転勤するので、その上司には当たらず障らずです。同僚が私ばかりが同じ目にあっているのではないと言ってくれたのが救いです。

私の勤務時間はその上司と同じになることが多く、最近は体調も悪くなりました。会社は全国にチェーン店を展開し、就業規定にはパワハラ・セクハラ撲滅など人権擁護に積極的です。しかし、働いている人間はそうではなく、今までに何人も辞めています。

夫に話せば「辞めたら」と私の仕事に関知せずです。我慢に我慢して働いてきましたが、できればその上司に制裁をと考えます。心穏やかに楽しく働けるよう心の持ちようを教えてください。
(M・Uさん)


 「いい気になるな」などの暴言や、他の従業員との差別的な扱いは、あなたの人権を侵害する行為で、パワーハラスメントに当たります。その内容がひどいと苦痛に対する慰謝料などを請求することもできるということです。何も言わず我慢するだけではパワハラをやめさせることはできません。同じ被害に合っている同僚と協力して、心穏やかに働ける職場を作るために行動を起こしましょう。

幸い、あなたが勤める会社は法令順守の活動を積極的に行われているようで、従業員の声を聞く相談窓口があると思います。その担当者に現状を伝え、パワハラをなくすことを要請しましょう。職場は一人の人に振り回されたり、辞める人が多くなることはいいことではありません。店長にも責任があることを伝え、本社の相談窓口へ要請したいと伝えましょう。一人で悩まず一歩踏み出してみてください。
(担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2015年10月16日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索