何でも相談 ~夫は実家を優先~/ツー・ワン紀州


おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談 ~夫は実家を優先~

[2015年8月28日掲載]

 30代女性。農家の長男と結婚し、2人の娘がいます。別居して4カ月になります。

結婚する前から将来は義父母との同居が条件でした。当初、夫は会社員で私たちは社宅住まいでした。そして定年近くまではサラリーマン生活をするはずでしたが、突然「実家を守らなくてはいけない」と退職し、義父母と同居することになりました。義父が腰を痛めたことがその原因でしたが、その後回復しています。

夫は結婚後も「同居ができないのなら価値観が違うから離婚」とことあるごとに言っては、私に離婚のプレッシャーをかけました。農家という生活習慣の違いと離婚というプレッシャーに苦しむ日が続き、心身のバランスを崩して発作を繰り返すようになり、夫に「もう限界だから、環境を変えてほしい」と頼みました。義父母は激怒し、夫も「跡取りだから家は出ない」との冷たい言葉に、私は子どもと実家へ戻りました。

別居後、夫からは一切の連絡もありません。私は以前の仕事に戻り、一人で子どもを育てていく決心をしました。でも、これから子どもに父親のいない生活をさせることを思うと、私は病気になっても我慢すべきだったのではと悩みます。

夫は男として、父親として、守るべきは妻や子どもら家族のはず、実家のためなら家族を捨てられるものなのでしょうか。夫や義父母にも人として淋しさを感じます。
(K・Iさん)


 結婚は義父母との同居が条件で、結婚後も義父母と同居できないなら価値観が違うから離婚とことあるごとに言う夫の考えは、現在社会の中では随分一方的で身勝手な話です。父親として守るべきは妻や子どもら家族のはず、実家のためなら家族を捨てていいのか、というあなたの考えは間違っていません。

あなたの夫は、あなたを妻としてではなく跡取りの長男の嫁としかみていないのでしょう。この古い家制度の考えは子どものころから親からインプットされ、この制度にこだわり守ることが夫にとって正しい価値観なのでしょう。

夫婦や家族のあり方の考え方が根本的に違うのですから、あなたが実家に戻り働いて一人で子どもを育てる決心をしたのはよいことだと思います。あなたが病気になってまで、つらい生活を送ることは子どもたちにもよくないことです。

夫婦の問題を子どもにかこつけず、自分の心に正直に生きてください。そして幸せになりましょう。
(担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2015年8月28日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索