おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談 ~夫の両親と一緒に入るお墓は嫌~

[2015年6月26日掲載]

 結婚20年の40代主婦。夫の両親の近くに家を建て、夫の両親のどちらかが亡くなった場合は、残った親の面倒を私たちがみる約束になっています。義父母は墓参りを楽しみにしているような人で「いずれはあなたもうちの墓に一緒に入るのだから、墓参りもしてね」と言われますが、死んでまで嫁としゅうとめの関係を続ける気がして、嫌でたまりません。

しゅうとめは、結婚前は優しかったのですが、結婚後は私への態度が徐々に変わりました。それからは義父母との考え方の違いに悩みながらも、言われるがままにしてきました。しかし、最近は不満がたまりすぎて、あふれ出しそうです。

夫には「一緒に墓に入るぐらいなら、私の好きな海に散骨してほしい」と言ったら「考えてみる」との返事です。夫は、私の義父母への不満は聞いてくれるものの、何事も親の言いなりです。夫は真面目で思いやりもあり幸せですが、両親はどうしても好きになれません。これからも年配者を立てて我慢しなければならないのでしょうか。
(U・Nさん)


 夫の両親とは世代も、その背景も違うのですから、考え方が違うのは当然です。違いは違いと認めることが大切です。

夫の親と同じ墓に入るかどうかはあなたの自由です。お墓の選択肢は多様になり、海などへの散骨から共同墓、宇宙葬などもある時代です。ただ、いずれ墓を守らなければならないあなたの子どもさんの立場に立てば、亡くなった人々はまとまって眠ってくれた方がありがたいのではと思います。

また、あなたのご不満は、墓の問題ではなく20年間、夫の親の言いなりになってきたという自分に対する腹立たしさではありませんか。これからは昔ながらの「いい嫁」のイメージにとらわれず「このことについては、私はこう考えているのでこうしてみます」と堂々と自分の考えをおっしゃって行動に移してください。その上で、夫の両親をいたわるところはいたわってあげましょう。少々悪口を言われても元気のあるほうが、いい嫁だと思います。長寿社会ですからお墓のことはもう少し後で考えてみてもいいと思います。
(担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2015年6月26日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索