おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談 ~昔の彼に貸したお金を取り戻したい~

[2015年2月27日掲載]

 30代の主婦。夫と2人の子どもに恵まれ幸せに暮らしています。相談は前の彼に貸した150万円を返してもらえないかと思ってのことです。

彼とは7年前に2年ほど付き合いました。パチンコや競馬のギャンブルが好きな人で、彼が浮気をしたので別れました。お金にだらしのない人で別れてよかったと思います。彼に貸したお金は忘れようと思っていましたが、子どもの習い事など子育てにお金がかかり、マイホームを持つ夢もあります。時々、あのお金があればと思うのです。

彼には50万円を3回にわたって貸し、借用書もあるのですが、支払うとの連絡は一度もありません。別れたあとしつこく何度も催促すればよかったのかもしれませんが、早く忘れたくて連絡しませんでした。それから夫と付き合っている時も、前の彼と連絡をとっていると思われたくなくてしませんでした。当時の情けなかった自分を思い出すのも嫌でそのままにしていました。

もう諦めて高い授業料を払ったと思えばいいと自分に言い聞かせますが、今あのお金があればと思ってしまいます。裁判など夫にも知られることはしたくありません。どうしたらよいのでしょう。アドバイスをお願いします。
(M・Yさん)


 夫と知り合う前に付き合っていた彼に貸したお金を返してほしいという気持ちは、わからないでありませんが、ギャンブル好きで貸してから5年以上たっていることから、催促しただけで払う相手ではないように思います。弁護士に相談して裁判所の支払い命令を得るなど法的手続きを取る必要があると思われます。

しかし、裁判ともなれば内緒で進めるわけにはいかないでしょう。そうなると今の生活が乱される恐れがあることを覚悟しなければなりません。150万円は大金ですが、そんな危険を冒してお金を請求するよりも、今の幸せな生活を守る方が大切ではないでしょうか。

あなたが夫と知り合った後に、彼との連絡を絶ったからこそ、今の幸せがあると思うのです。150万円は、今の幸せを得た授業料だと思って諦めましょう。マイホームは過去のことを忘れ、これからも夫と協力していくことで十分実現できる話だと思いました。今の生活をより充実させてください。
(担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2015年2月27日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索