おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊22周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談 ~60代、パソコン、ネット使えず不安~

[2015年2月6日掲載]

 60代女性。子どもたちは家を出て、同年代の夫と2人暮らしです。パソコン操作が普通の人間の標準装備のように言われる中、パソコンやインターネットが使えず、悩んでいます。

夫もまったく機械ものはダメで携帯電話すら持つ気はありません。私は高齢者向けの携帯を持ち、メールぐらいは息子達とできます。しかし、最近は何でもインターネットでの申し込みや検索が必要になり、使用できる人は便利になったと言います。また、選挙運動までネットを使っていたとか聞くと、この先もっと情報技術が進むと、私たちはますます時代から取り残され生きにくくなっていくと思うのです。

でも、インターネットでの事件などを見聞きすると、この年であえてパソコンを購入して習ってまですることではないと思うのですが不安も覚えます。今のところ普通に生活ができていますから、このままでいいだろうと自分を納得させています。

ただ、職場から家庭までも、すべてに電子機器が広がっていく世界に違和感を持つのは私だけでしょうか。私の子どもの頃の方が楽しかったように思います。
(T・Mさん)


 あなたのお手紙を拝見して、まず字が一つ一つきれいで、いろんな思いが伝わってきます。パソコンでは伝わらない事です。

私もIT社会から逃げている男でパソコンもインターネット、ツイッターも使えません。あなたのように世の進歩に取り残されていく不安が無いと言えば嘘になります。でも最近、身の回りを見ても手書きのちらしや広告が増えていると思いませんか。便利を追って、大切な人間そのものを失っていく人間の未来に不安を持っている人もいるのです。

家族や友人、隣人との付き合い、また教育、介護などの一番大切なところはコンピューターやパソコンではなく、人間同士の対面です。パソコンやインターネットに向ける時間を隣人との会話や本を読む時間に当て、あなたの人生哲学を生み出してみませんか。この生き方の方が人間として幸せではないでしょうか。人それぞれが自分の人生を追求したいものです。これからも、夫婦でゆったりとした時間を共有できたらいいですね。幸せや価値観の違いは、いつの時代でもあります。
(担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2015年2月6日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索