おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談 ~息子の嫁数年我が家に来ない~

[2014年8月29日掲載]

 60代の女性。一人息子は結婚して車で1時間ぐらいのところに住んでいます。相談は息子の嫁のことです。

嫁は息子より5歳年上で両親を早くに亡くしています。嫁は働き者で子どもが生まれてからも働き、新築した家の頭金は嫁が出したようです。私たち夫婦もお金に余裕がなく助けてあげられませんでした。そのためか、嫁はここ数年は何があっても我が家に来ません。新築した家にも一度も招かれません。

この盆も息子が孫を連れてきましたが嫁は一緒に来ませんでした。半年前に私が手術をして入院しても顔も出さず、見舞いの電話もありません。息子に何か用事のある時は家の電話でなく携帯電話にしてとも言われ、そんなに嫌われているのかとショックを受けました。

私たちにも悪いところがあるのでしょうが、嫁の行動は納得できません。夫は「夫婦仲がよければいいじゃないか」と言います。私は手術後、体調が優れません。年に3、4回しか孫に会えず、これから先もこんな状態かと思うと悲しくなります。
(Y・Sさん)


 息子夫婦の新築や子育てにお金がかかる時に援助できなかったのでお嫁さんが我が家に来なくなり、入院しても案ずる電話もないということですが、それはあなたのせいでも特別嫌われているわけでも、何か原因があるわけでもないと思います。

結婚当初は夫に言われてしぶしぶ付いていったが「今は、もういいでしょう」ということだと思います。お嫁さんも働いているなら、お盆や正月は、家で一人ゆっくりしたいと言うのが本音でしょう。

今、夫の両親を義父母と言うのに対し、夫の実家は「義実家」と呼ばれ、若いお嫁さんは行かない人が多く、夫の親にも関心がないようです。

ですから、悩むのは無駄で悲しむ必要などないのです。息子の嫁だからという期待は捨て、ご主人の「夫婦仲がよければいい」でよいでしょう。あなたの体調についても息子さんからいろいろを聞いていると思います。

時々来る孫さんに愛情を注ぎ、優しい祖母さんになりましょう。お嫁さんは社会に出て働き常識もお持ちでしょうから、本当に困った時は助けてくれますよ。
(担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2014年8月29日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索