おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談 ~夫の兄弟や親族が私につらく当たる~

[2014年7月25日掲載]

 50代主婦。結婚27年です。最近、夫の親族とうまくいかず悩んでいます。

夫の実家へは年に2、3度行きます。お盆には夫の兄弟が実家に集まることになっていて結婚してから私も毎年夫と一緒に行きます。一昨年のお盆に義理の姉から「あなたの付き合い方が悪いので直すように」と強く言われました。これまで夫の兄弟や親類には失礼のないよう、でしゃばらないよう心を尽くしてきたつもりでしたが、至らなかった自分を反省しました。一方で、良い義母、良い義兄弟に恵まれたと思っていたので、とてもその言葉がショックでした。その後は、旅行などのお土産の品や年賀状一つにも気を遣い努力してきましたが、ことしの正月に訪問した際にも、同じ文句を言われました。義母や夫の姉は、夫が一人で来ればいいと言っていたようです。それを聞いて、私の付き合いのやり方ではなく、私自身が嫌われているのだと分かりました。

夫は優しく、私を妻として大事にしてくれます。本当にいい人にめぐり会えたと神様に感謝し、私も夫を大切に思っています。

でも、夫の親族の対応があまりにもつらくて、夫と別れれば彼らと付き合わなくてもよいとまで考えてしまいます。あの人たちには私の努力ではどうにもならないと思うと絶望的な気持ちになります。
(U・Hさん)


 義理の姉や他の親族があなたの何が気に入らないのか分かりませんが、結婚して25年間は何事もなく付き合ってきたのですから、今更あなたのやり方を注意されるいわれはないような気がします。

もし、あなたが考えているように嫌われているのだとしても、それは付き合い方の問題ではないわけで、直しようがありませんから、何を言われようが気にとめず馬耳東風と決め込みましょう。

そして何よりも夫はあなたのやり方に不満はなく、あなたを大切なパートナーとして認めているわけですから、夫の親族に気に入られなくても良いのではありませんか。夫の親族との付き合いは「あなたにおまかせ」と一言お願いして、あなたは今後関わりを持たないようにしましょう。今夏のお盆についても「孫が来たらどこどこに連れていくと約束していたので一緒に出かけた」とでも、夫に話してもらえばいいと思います。

このことを機会に夫との生活をより大切にしたいものですね。
(担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2014年7月25日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索