おかげさまで、ツー・ワン紀州は今年の7月25日で創刊23周年を迎えます

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談 ~息子の生活が急変、金遣いが荒くなる~

[2014年7月4日掲載]

 50代の会社員女性。20代で離婚、30代の息子を一人で育てました。その息子が最近金遣いが荒くなり心配でたまりません。

息子は大学に入ってからずっと一人暮らしです。大学院を卒業して一部上場の会社に入りました。転勤もあり帰省するのは年に一度程度で働くだけで楽しみがない生活だと言っていました。

ところが、ことしに入ってから生活が急変しました。正確には昨年の暮れごろからでしょうか。ことしの正月は帰ってきませんでしたから。息子は今も学生時代に仕送りした口座を使っているため、私が時々記帳することでお金の出入りが確認できました。すると、昨年のボーナスは入れてないし、あまりのお金の減り方にビックリしました。本人に尋ねたら、彼女ができて旅行などでお金を使っているようです。

そして、彼女は年上で離婚歴もあるとのこと、一度会いたいと話すと「もう少し待って、まだ会ってもらう段階ではない」と言われました。お金については「自分で考えて使っている。働いて貯めているお金だから干渉しないでくれ。通帳も返してほしい」と言います。でも、このままでは彼女に全部お金を搾り取られるのではないかと思います。今まで真面目すぎた分、止めておいたピンが飛んでしまったのでしょうか。息子と共通の通帳がなければ分からなかったことです。私は干渉しすぎなのでしょうか。
(H・Hさん)


 母一人、子一人の生活の中で、息子さんはお母さんの期待に応えるべき今まで真面目に頑張ってきたのでしょう。そして、あなたが言われるように、30過ぎまでいい子だった分と彼女の出現により一気にピンがはじけたのでしょう。

息子さんの人生は、あなたが設定した枠の中で生きてきたように思われませんか。彼女が年上だとかバツイチだとか性格が悪いとかは関係なく彼女と出会って初めて自分の人生を歩み始めたわけで、親離れです。

今、あなたがしなければならないことは、息子さんをあなたの枠の中に引き戻すことではなく、息子さんの親離れの覚悟を決めることです。覚悟を決めたなら、息子さんには好きなように接しましょう。例えば「彼女とは早く別れろ」「彼女のような女には気をつけなさい」と言ってもかまいません。こんな厳しいことを言えば反発してしばらくは連絡してこなくなるでしょう。どちらにしてもあなたの思うように行動はしてくれません。

息子さんの親離れを認めたら、あなたの子離れも確認しましょう。以前からやりたいことがあれば、今まで考えられないようなお金をつぎ込んでみるとか、長期の休暇をとって旅行に行くとか、あなたも一度はじけ、これからの自分の人生設計を立てなければなりません。息子さんの人生を認めることがあなたのスタートラインです。
(担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2014年7月4日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索