おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談 ~次男が子連れの女性と同居~

[2014年4月25日掲載]

 60代前半、自営業の男性。20代後半の次男のことで相談です。妻が早くに亡くなり、男手一つで息子を2人を育てました。子どもをちゃんと育てないと亡妻に申し訳ないと、ひたすら子どものことを第一に考えてきました。長男も次男も、それなりの大学を卒業して就職。やっと一安心し、自分の後半の人生をどのように過ごしていこうかなどと考えるゆとりもできました。

ところが、次男は私に相談もなく2年前から女性と同居生活を始めました。その女性は次男より12歳年上で、子ども2人を持つバツイチです。次男は女性に取り込まれてしまったのか人が変ってしまい、私や長男の話に耳を貸さなくなり、盆暮れの帰省もしなくなりました。

父親としては、次男に普通の女性と結婚して幸せな家庭を一から築いてもらい、妻の墓前に報告したいと考えます。私も、その女性と会わずして反対しているのもいけないと思い、その女性に「あなたにもあなたのご両親にも一度お会いしたい」と手紙を出しましたが返事はありませんでした。

次男は、子どものころから心やさしく正義感の強い良い子でした。私に無断で同居に踏み切ったことは後悔しているはず。次男をこのままにしておくわけにはいきません。どうすればいいのでしょう。
(C・Fさん)

 
 奥さまを早くに亡くされてから、あなたが育て上げた2人自慢の息子の一人が、何の相談もなく12歳年上で2人の子どもがいるバツイチの女性と同居を始め、盆と正月の帰省も音沙多もなくなったとなれば驚きの上に怒りもでるのは当然ですが、息子さんや同居相手を非難したところで、何も始まりません。今後どうすればよいかについてです。

まず、あなたが冷静になることが先決です。子どもの時から、やさしく、正義感の強い次男が学歴を持ち社会に出て働く中でバツイチの女性に取り込まれ、同居を始め人が変わってしまったとの判断は、その女性を一方的に悪く捕えています。真実はどうなのか、もう少し時間をかけて様子を見る必要がありそうです。

男と女が好きになるのは理屈ではありません。理屈で説得するには無理があり、息子さんとその女性家族との結び付きが自然であったなら、成り行きに任せましょう。今、あなたに必要なことは、息子さんをあなたの粋の中に引き戻すことではなく信じてあげることでしょう。そして、あなたの第2の人生計画もスタートしてください。
(担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2014年4月25日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索