おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談 ~母や姉の性格がうらやましい~

[2014年3月28日掲載]

 女子高校生です。私は人の目をすごく気にする性格で、両親にすら本音を言えません。特に母には嫌われるのではないかと不安です。

母は言葉も行動も裏表なく物事をスパッと割り切って進める強い女性で姉も明るく母親に似ています。私は、どちらかと言えば優柔不断の父親似で母とはまったく違い、自分に自信がなく何事も受け身で「自分さえ我慢すればいい」と気持ちをため込んでは、うじうじと悩んでいます。

母は「姉は姉、お前はお前で自分の子どもを比べたことはない」と言いますが、母と姉が楽しそうに話すようすを見ると寂しくなり、姉に嫉妬してしまうのです。私は母が大好きで少しでも近づきたいのです。でも自分の殻が破れません。自分の性格は変えられるのでしょうか。
(K・Uさん)


 性格を二つに分けると外向型または内向型になり、外向型は気持ちが積極的で何事にも自信を持ってすぐ反応するタイプです。内向型は心の働きが常に自分の内部に向かう消極的な傾向の持ち主で、いずれもその人の個性の一つになります。

あなたの悩みは、母親への思いと、自分の性格に対する嫌悪感が絡み合った相談です。一つは姉のように明るく強くないので、母の愛を失わないかという心配と二つ目は自分の性格に対する自己嫌悪です。

一つ目の悩みは、親というのは、自分と性格が似ているから好きで、違うから嫌いというものではなく、むしろ個性の違いがある方が面白く楽しいものと受け止めます。あなたのお母さんに対する愛の気持ちは強力です。これを受け止めない母親などいるのでしょうか。

二つ目の内向型についてですが、性格というのはどちらがよいとの問題ではありません。スパッと割り切れる人は強く見えても、時としてトラブルが生じやすく「自分だけよければよい」という考えは敵を作る場面が多くなります。逆に「自分が我慢すればよい」という性格は疲れますが、多くの人と接する機会があります。人の話をよく聞いてあげるなど、自分の性格を少しずつ自覚していきましょう。性格は、今まであなたが通ってきた道から生まれてきたものだと考えればこれからの道も一本道ではないのですから性格は変わらないというものではありません。明るいだけが取り柄の人より魅力的な人になれる要素を十分待っておられます。花の高校生ですから、焦らずゆっくり通学路の春の早木にも目を止めて歩きましょう。
(担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2014年3月28日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索