おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談 ~私が家名を継がねば途絶えてしまう~

[2014年2月28日掲載]

 31歳の会社員、結婚3年目、まだ子どもはいません。家名のことで相談します。私は2人姉妹で、妹は長男と結婚したので、私が家名を継がなければ実家の名が絶えてしまいます。

私の夫は二男で、義兄夫婦には男の子どもがいます。それに、夫の実家は分家ですが、私の実家は本家です。夫とは恋愛結婚ですが、結婚の際「婿養子にきてほしい」「それはできない」と両家でもめました。結局、私の両親が折れましたが、私はまだ納得していません。

夫は、私の両親もお墓も面倒を見るよと言ってくれますが、私の家の名が途絶えてしまうことに変わりありません。あらゆる宗教の教えに先祖供養の大切さを説いているのに私の先祖は顧みられなくなってしまいます。

今は、結婚の際もめたことを忘れたようにどちらの実家も仲が良く、一緒に食事に行ったりしています。それで余計に私一人がもんもんとします。

今は波風を立てずにもっと後で夫と話し合えばいいのかとも思うのですが。今後どうすればいいのでしょう。
(Y・Hさん)


 若い方はあまり家名にこだわらないと思っていたのですが、将来実家の家名が途絶えることを憂えているあなたに親近感を覚えました。

少子化になってあなたのような立場の人がたくさんいます。先祖がいるから現在のあなたがいることに間違いがなく、そのことに感謝したいものです。ただ、あなたも言われているようにもっと後で考えても良いというのが正解で、31歳のあなたには、そのことで悩むのはまだ早過ぎると思います。これから子どもが生まれる可能性が高いわけです。

何年か先になって、どうしても実家の家名にこだわりたいのであれば、2番目の子どもにその家名を継がせることも可能です。ただし、その場合には本人をはじめみんなが納得することが必要です。現時点ですべてを固定して考えることはなく、あなたも周囲も人生は変わっていきます。

ご主人はあなたのご両親もお墓の面倒も見ると言ってくれていますし、両家の実家も仲が良いということが一番嬉しいことだと思います。現在を大切にしていくことが答えを出してくれそうです。
(担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2014年2月28日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索