おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談 ~彼が結婚相手でいいのか迷う~

[2013年11月29日掲載]

 20代後半の女性。3年前から実家の店を手伝っています。1年ほど付き合っている彼から「早く結婚しよう」と言われて、迷っています。

実家には数千万円の借金があり、他人を雇う余裕がなく私と兄が手伝っています。彼には実家の事情は話しているのですが「いつまで家の手伝いをするの」と手伝うことを快く思っていません。そして、結婚後も仕事をするなら紹介してくれる人がいると言います。

両親は60代で、休日もなく自分たちの時間なんてないほど働いて、だんだん年老いていく姿を見るのは切なく、これからも助けたいと思います。

彼は私より2つ年下で、真面目でいちずですが私とは考えが違う部分もあり、我慢や無理をしている部分があります。別れて家の手伝いをする方が自分の気持ちに正直な生き方だと思うのですが迷います。彼は悪い人ではなく私も子どもは欲しいので、できてしまえば結婚するのにと思うのは不純でいいかげんな考えなのでしょうか。
(I・Oさん)


 彼とはいろいろ話をされているのでしょうが、結婚してもあなたが実家を手伝うことについてよいとか悪いとか答えを出さないのは彼の性格によるものなのですか。あなたに迷いが消えず、結婚に踏み切れないのであれば、やめるか、もう少し時間をかけて考える方がよいと思います。

また、実家の商売を助けたいという気持ちはよくわかりますが、あなたがいないと立ち行かなくなるわけではないでしょう。両親にあなたは結婚のことを真剣に相談していないのではありませんか。娘を家業の犠牲にしてもいいという親なんていません。

そして、あなたが家業の手伝いをすることに彼が嫌がることについても、実家の借金が絡んでくるとの心配があるのかもしれません。これについても彼があなたのご両親と交えて話したいのであれば、お話のできる場を作りましょう。それでも、彼が反対というなら、彼の言い分をよく吟味する必要があるでしょう。あなたが不安になる理由を一つひとつ熟考し、自分一人で決めずに友人や家族に判断を仰ぐことも大事です。
(担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2013年11月29日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索