おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

何でも相談 ~バツ2の40代男性、婚活すべて不調~

[2013年7月26日掲載]

 40代の男性会社員。離婚歴が2回あるバツ2で、現在独身です。2度目の離婚から5年たち、一人でいると、孤独感を感じるときがあります。このまま一生一人でいるのは寂しいと思い、次が最後だと決めて、結婚相談所に入会しました。

全国組織の相談所は、毎月10人の女性に交際を申し込むことができ県内の女性とは何回かお見合いもしましたが、思っていたよりもいい出会いがなく、申し込んでも、お見合いをしても次々と断られてしまいます。

私の長所は、まじめで優しいところだと思います。年収も400万円あります。なぜ断られるのか、わかりません。ショックです。このまま再婚できずに一人で孤独死を迎えることになるのではと今から不安です。

いい出会いをして、2人で楽しい老後を迎えるにはどうしたらいいのでしょうか。
(T・Oさん)


 あなたは2回結婚し2回離婚されているわけですから、なぜ離婚されたのか、その理由を明確にさせておく必要があります。3回目の結婚する理由が孤独死をするのはいやだからでは困ります。

結婚相談所に入会して、多くの女性会員に交際を申し込んでは断られ、お見合いをしても断られる理由の一つには2回離婚というプロフィールがあるでしょうね。たとえあなたに非がなくても、何か問題がある人では、結婚してもまた離婚となるのではという疑いが先にきます。あなたと見合いをする相手の気持ちを考えてください。次の結婚は大丈夫だと相手が納得できる説明ができなければ交際も難しいでしょう。

相談所に入会するときにアンケートや質問に答えたデータで相手はあなたをまず判断します。そのデータ重視では、まじめで優しいあなたの性格を伝えるのに限界があると思われます。相談所だけでなく、趣味やボランティアなどで交遊を広げ、時間をかけて相手を見つけることがよいと思います。

文面は自分の都合だけを並べているような気がします。2回の離婚の理由はまったくわかりませんが、次回の相手は、あなたが幸せにしたい人を見つけることにスタンスを置いて交際を始めればよいと思います。

政治家に3回離婚され4度目の結婚をされている人がおられるようですが、男性も別れた女性もエネルギッシュに仕事をしておられます。この男性の結婚の定義は、私たちとちょっと違うように思われます。
(担当=K・S)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2013年7月26日付 連載・特集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索