おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊22周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

秋晴れのイベント日和 [その他]

[2019年11月29日掲載]

秋晴れのイベント日和
印南、日高川、日高で楽しむ

 


開幕宣言で各ブースへ人の波


おばさんもチームの1員で大ハッスル

 秋晴れの行楽日和となった17日、印南町で「印南かえるのフェスティバル」、日高川町で「フォレスト祭」、日高町で「ふれあい祭」が開催され、多くの家族連れらでにぎわったほか、紅葉した日高路を見ようと日高川筋から龍神スカイラインまで走る車やバイクが多く見られた。

 第11回印南かえるのフェスティバルは、印南漁港であり、山口太鼓のオープニングで開幕。地元農産物の販売や飲食、体験コーナーなど一斉にオープンすると来場者は思い思いのブースに駆け付けた。紀州日高漁協印南支店は鮮魚や干物を販売、うつぼの一夜干しは大小500円~1600円とあって悩みながら買っていた。印南町農業士会のシシとシカ肉の竜田揚げの無料振る舞いも人目を引いていた。
 特設ステージは地元出身の歌手Shinoさんが進行役を務め、町のゆるキャラ「カッくん・エルちゃん」、県の「きいちゃん」、龍谷大学の「ロンくん・ロンちゃん」も登場して盛り上げ、最後は餅まきで締めくくった。
 日高川町の第3回日高川フォレスト祭、第14回美山文化展は平スポーツセンター周辺で開催。森林をテーマにした体験型イベントで優勝賞金10万円の丸太切り競争や龍神在住のチェーンソーアート世界チャンピオンの城所ケイジさんのカービングショーに人盛りができた。
 丸太切り競争は男女4人のグループが直径約10㌢のスギ丸太をノコギリで切り落とすもので25チームが参加。美山地区から参加した4人組が優勝した。
 1等32●液晶テレビやジビエ肉、日高川のアユ・アマゴ一夜干セットなど44本があたる大抽選会も会場を沸かせていた。
 第23回日高町ふれあい祭は中央公民館周辺で開催。ゲームコーナーのほか、ラムネ早飲み競争、大豆早移し競争、ビンゴゲームがあり、マーキィさんによるクラウンショーのマジックやジャグリングが来場者を楽しませ、子ども達には射的やわなげ、大型エアー遊具アニマルウェーブスライダーが人気だった。このほか、ご当地コロッケ日本一決定戦で特別賞に輝いた「さばコロッケ」も販売され好評だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2019年11月29日付 ピックアップトップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索