おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊22周年を迎えます

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

新社屋完成とグランプリ受賞祝賀会 [御坊市]

[2019年4月12日掲載]

新社屋完成とグランプリ受賞祝賀会
業界、地域発展に努力」ヨシダエルシス㈱
 

4日から業務を始めた新社屋


見学する柏木市長、吉田社長、吉田会長、向井議長(右から)
 
 御坊市藤田町吉田、ヨシダエルシス㈱(吉田卓司代表取締役社長)が進めていた新社屋がこのほど完成し、3月28日に関係者を招いて見学会と祝賀会が開かれた。
 新社屋は鉄道造り3階建て、延べ床面積約1500平方㍍。1階は駐車場と工場事務所、2階は会議室、資料室、社員休憩室、3階は事務所、役員室、応接室など。各部屋は全てヒューマンスケールで働きやすい環境と設備を整えている。
 見学会には柏木征夫市長や向井孝行市議会議長、三浦源吾日高振興局長らを吉田社長、吉田擴会長が案内した。
 引き続き、花ご坊で新社屋の完成と第52回グッドカンパニー大賞グランプリ受賞祝賀会が開かれ来賓や社員ら約70人が出席。日高高校筝曲部の演奏で始まり、吉田社長は「現本社事務所は43年前に建てられ増改築を進めてきたが耐震などの心配もあり新社屋を検討していた。4月4日から業務を開始。新社屋はワンフロワーで仕事が出来るので社員は効率よく連携して仕事にまい進してくれると確信している。また、グッドカンパニー大賞グランプリの第1回は京セラが受賞で大変光栄な賞。この賞に恥じないよう業界ならびに地域発展に社員一同一層努力していく」とあいさつ。吉田社長から設計の㈱スタジオパートスリーの中道哲也代表取締役に感謝状が贈られた。
 来賓の三浦日高振興局長は「県内からのグランプリ受賞は㈱島精機製作所、ノーリツ鋼機㈱に続いて3社目で39年ぶり。大変うれしく誇りです」と述べ仁坂吉伸知事のメッセージを代読。柏木市長は「小さな町で生まれ育った会社が大きく成長し、全国有数の会社になったことは御坊市にとっても大変名誉なこと。新社長を中心に第2のヨシダエルシスの繁栄を祈念します」と祝辞を寄せた。向井議長の音頭で乾杯し、歓談した。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2019年4月12日付 ピックアップトップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索