おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

夏の生石高原に行こう!! [有田川町]

[2018年7月27日掲載]

夏の生石高原に行こう!!
山草花のオンパレードに会える

 


30分も歩けば生石ヶ峰の山頂につける
 
 7月初旬からとどまることの知らない今年の猛暑。中紀地方でもいつ体温の36度を超えるのか心配だ。熱中症は日射病とは違い室内でも発症するケースが多く注意が必要。清涼さを山に求めると関西百名山の生石高原(有田川町と紀美野町にまたがる生石ヶ峰山頂一帯)は標高870㍍の高原。秋には関西随一のススキの草原として知られるが、夏の生石高原も有田や日高平野に比べると約5~6度温度が低く、ハイキングやキャンプに最適で和歌山の軽井沢と言われるゆえんだ。
 山頂には駐車場が3カ所あってレストランと物産販売「山の家おいし」が年末年始以外年内無休で営業している。山の家おいしから生石ヶ峰山頂の三角点まで散策道があり、30分程度で登れるので道路沿いの花や山草を楽しみながら行ってほしいコース。みやこぐさ、うつぼぐさ、おおなんばんぎせる、かわらなでしこ、おとぎりそう、こおにゆり、ききょう、おみなえしなど夏こそ山草花のオンパレードに出会える季節。
 生石高原登山コースは有田川町の生石小学校前の生石コースは約2時間20分、海南市の大十バス登山口からスタートする直登コースは約4時間20分、桜の小路コースは約3時間45分、名寄松コースは約4時間50分の4コースがある。生石神社に寄りたい人は桜の小路コース。山の家おいしの近くにキャンプ場があり希望者はレストハウス山の家おいし☎073・489・3586へ申し込めばよい。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2018年7月27日付 ピックアップトップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索