毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

白鵬杯世界少年相撲大会3位 [御坊市]

[2018年3月9日掲載]

白鵬杯世界少年相撲大会3位
井ノ上・杉本(野口小)前田(名田小)が大活躍
有田少年相撲クラブが快挙


3位入賞の有田少年相撲クラブの選手の皆さん

土俵で横綱白鵬関からメダルを授与
 
 県立箕島高校相撲場で稽古を積む有田少年相撲クラブ(池田真之監督)は2月12日、東京の両国国技館で開催した第8回「白鵬杯世界少年相撲大会」に出場。団体戦でチームワークを発揮して3位入賞を果たした。
 また、個人戦も小学5年生の部(193名出場)で杉本智斗勢君(御坊市野口小)がベスト8、中学生の部(225名出場)で玉島雅治君(有田市簑島中3年)がベスト16と健闘した。
 今年の白鵬杯にはモンゴル、中国、台湾、韓国、香港、アメリカ、タイなどから146チーム約1300名の少年力士が参戦した。
 団体戦は5人制で、有田少年相撲クラブは予選ブロック3戦を勝ち抜き、上位8チームの決勝トーナメントに進出。1試合目は前回準優勝したモンゴルチームと対戦し3勝。2戦目は柏相撲少年団に敗れたが、世界大会3位という快挙に関係者は喜んでいる。
 池田監督は「外国選手も参加した大舞台で臆することなく、大変頑張ってくれました。選手を支えてくれている親御さんのご理解とご協力のお陰でクラブ始まって以来の快挙です。皆でつかんだ入賞を嬉しく思います」と喜びの言葉を述べた。
 団体メンバーは次の皆さん。先鋒=井ノ上力也(御坊市野口小4年)▽次鋒=杉本智斗勢(同5年)▽中堅=前田哉(御坊市名田小6年)▽副将=井ノ上豪志(有田市簑島中2年)田村吏玖(同)▽大将=五島雅治(同3年)
 同クラブは小学生は毎週土・日、中学生は毎日箕島高校相撲場で稽古に励んでいる。
 団体3位入賞写真は前列右から杉本、井ノ上力也、前田、後列右から五島、田村、井ノ上豪志選手と池田監督。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2018年3月9日付 ピックアップトップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町村の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数43,350部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索