おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

ゴールデンウィークは和歌山で遊ぼう! [その他]

[2016年4月29日掲載]

九度山町 29~5/8 真田ミュージアム・真田まつり
5月8日の真田まつり武者行列には草刈正雄、中川大志が登場
3月13日にオープンした九度山町の「九度山・真田ミュージアム」は、NHK大河ドラマ堺雅人が主人公の真田幸村を演じる「真田丸」がますます盛り上がりを見せる中、入館者が早くも4万人を突破し、ゴールデンウィークは観光客のスポットになりそうだ。

また、7・8日は真田まつりを開催。8日の真田まつり武者行列出陣パレードには大河ドラマ真田昌幸役の草刈正雄、豊臣秀頼役の中川大志さんが登場する。問い合わせは同ミュージアムTEL0736・54・2727。


桜をもう一度、高野龍神スカイライン
ごまさんスカイタワーでは全国からのライダーたちがひと休み
桜の花をもう一度見たいのなら、弁当を持って高野龍神スカイラインを走ろう。ごまさんスカイタワーを高野山に向けて走ると、まだまだ桜が咲いている個所がある…ことし2度目の桜に出会うと何ぜか得した気分になるのが不思議だ。

高野山まで足を伸ばせば、5月3日~5日は壇上伽藍金堂で、だれでも入壇できる「胎蔵界結縁潅頂」があり、煩悩を闇をさまよう人に道しるべを与えてくれるという。入壇料3000円。スカイタワーの問い合わせはTEL0739・79・0622。


和歌山市 5/1・3~5 マリーナシティ・スターライトイリュージョン
1回6000発!世界的花火デザイナーが手がける「音楽と花火のコラボ」
和歌山マリーナシティの名物「音楽と花火のコラボレーションイベント」。3日から5日の午後7時30分から10分間、世界花火コンテストなどで数々の受賞暦を誇る花火アーティスト集団、東京「丸玉屋」の花火デザイナーが日替わりで登場し、毎日違った花火ショーを行う。最新の打ち上げ技術を駆使した息を呑む大迫力の音と光のスペシャル花火ショー。

5日は「こどもの日スペシャルVer」を開催。アニメなどの音楽に合わせ花火が打ち上がる。問い合わせはTEL0570・064・358。


日高川・有田川 5/1~ 鮎釣り解禁
清流・日高川、有田川にシーズン到来。アマゴに続き鮎釣りが解禁!
3月のアマゴ解禁に続き、5月1日から鮎友釣りが解禁。清流・日高川と有田川ファンにとって待ちに待った季節の到来だ。

日本一早い解禁のゴールデンウィークには全国から釣り客が夜明けとともに一斉に友釣り竿が放たれる。ことしの釣果はあなたの腕次第。問い合わせは日高川漁業協同組合TEL0738・52・0950。テレホンサービスTEL0738・52・0339。有田川漁業協同組合TEL0737・52・4863。テレホンサービスTEL0737・52・7882。


白浜町 5/3~ 白良浜海開き
本州一早い海開きで一足早く観光地・白浜に夏が来る
本州で一番早い海水浴の海開きが3日に行われる。午前9時からみんなでいっせいに清掃をしたあと、10時に安全祈願、神事式典、テープカットに続き初泳ぎができる。フラダンス大会もある。海開きとともに海水浴客が訪れ、シーズン中に60万人を越える。毎年7月30日と8月10日の2回、白浜花火フェスティバルも楽しみの一つ。

延長約620メートルの白い砂浜、白良浜海開きで、多くの観光客でにぎわう白浜が一気に夏ムードに包まれる。問い合わせは白浜観光協会TEL0739・43・5511。


日高川町 5/5まで みやまの里ふじまつり
1646メートル、日本最長の藤棚ロードでイベント盛りだくさん
日高川町初湯川のリフレッシュエリアみやまの里で開催中。藤棚ロードの途中にはアスレチックやミステリーハウスなどのアトラクション、山頂には展望台などもある。

5日まで美山産品所商品券、愛徳荘宿泊券、美山特産加工品などが当たる「おたのしみくじ」、地元の特産品を販売する「地元物産展」、土日祝日の午前10時から「こけ玉作り体験」(参加費400円、先着30人)のほか、番茶サービスなどもある。フォトコンテストは5日までに撮影したもの。問い合わせは事務局TEL0738・57・0180。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2016年4月29日付 ピックアップトップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索