おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

地方創生をみんなで実現したい日裏(印南町町)2選へ出馬表明 [印南町]

[2015年9月25日掲載]

各地区や各種団体から出馬要請が相次ぎ、出馬表明の時機が注目されていた和歌山県日高郡印南町の日裏勝己町長(64)が14日の町議会9月定例本会議で、出馬の意志を問う玉置克彦議員の質問に答え「印南町をもっと元気にし、地方創生を町民みんなで実現したい」と次期町長選出馬への強い決意を述べた。

来年2月23日(火)の任期満了に伴う印南町長選で日裏町長=1期目=皆瀬川=に対して、玉置議員が「本年3月定例議会に質問したが、残す任期も6ヵ月を切り、改めて町長の出馬意志についての気持ちを伺いたい」との一般質問に日裏町長は「町内各種団体、各地区から出馬要請を頂き大変ありがたく心強い限り。3年半は強靭で安全・安心なまちづくりを中心にがむしゃらに無我夢中で取り組んできた。今後も町民の声をしっかり聞き、町政運営を図っていきたいと考えている」と話した上で「目の前の仕事に全力投球する気持ちは変わらない。印南町をもっと元気にしていきたい。地方の創生を町民みんなで実現していきたい。このような思いを強くし、次期町長選に立候補し、私の考えについて町民に信を問う覚悟を固めた。本日、この場で次期町長選に出馬させて頂くことを表明する」と決意を述べた。

日裏氏は御坊商工(現紀央館)高校卒。建設会社社長などを経て2009年8月の町議選で初当選。任期途中の12年1月の町長選で現職を破って初当選した。真面目で人一倍強いふるさと愛と人を思う温かい心が町民に浸透している。

(写真/議会で立候補への決意を述べる日裏町長)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2015年9月25日付 ピックアップトップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索