おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

親子の絆を深めた子どもまつり [御坊市]

[2015年5月29日掲載]

和歌山県御坊市は17日、日高港のSioトープとEEパークで「Sioトープ子どもまつり」を開き、大勢の家族連れらでにぎわい、楽しい1日を過ごした。

ことしはビオトープの中央の東に特設ステージが設けられ、オープニングで柏木征夫市長が「6回目の開催、ビオトープに10体の妖怪が座っている。晴天の中で外で過ごす方法を学んでほしい」とあいさつ。名田、塩屋両幼稚園児が100個のメッセージを添えた風船を一斉に飛ばしたあと、ダンスを披露した。

(写真/園児に囲まれオープニングであいさつする柏木御坊市長)

ビオトープでは透明の球体の中へ入るアクアボール水中散策が人気で長蛇の列ができた。ゴムボートに乗るボートでGO!も二人で乗れることから喜ばれた。また、お菓子詰め放題は30秒間で小袋に菓子を詰め込むもので2回で450人が参加。鬼太郎グッズなどが当たるビンゴゲームも盛り上がった。

(写真/人気のアクアボール)

EEパークには、ふわふわきいちゃんドーム、消防車を展示。木乃国らんちゅう愛好会の金魚すくい、御坊商工会青年部のB級グルメ挑戦を目指す焼きそばもおいしいと好評だった。9店舗の特選Sio屋市場のいきいきうどんや焼きそばも待ち人ができた。

ステージでは御坊ダンススタジオグラム、ハレ45スタジオ、ディズィクラムがエネルギッシュにダンスを繰り広げた。ソーラーカーのゴーカートやエネルギー館を見学する親子もいて、親子の絆を深める最良の日となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2015年5月29日付 ピックアップトップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索