おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

和歌山県議選4月3日告示まで1週間 御坊市・日高郡選挙区 無投票が濃厚 [その他]

[2015年3月27日掲載]

統一地方選の和歌山県議選の公示が1週間後の4月3日(金)に迫る中、御坊市選挙区(定数1)は自民党現職の中村裕一氏(54)=熊野、7期=の後援会事務所(野村義夫会長)は御坊市薗745(伊勢屋倉庫)に開設、TEL0738・24・2269。1日に500人が参集して事務所開きが行われた。その後も各地区で集会を開いている。

前回出馬した民主党新人の斎藤麻希氏(38)=藤田町吉田=は2月10日の立候補予定者説明会に出席しており、その動向が注目されていたが本人が「この4年間で出産し育児に追われている状況で難しい面があります」と話していることから、出馬を断念する公算が大きい。そのほかには誰の名も挙がっていない。

日高郡選挙区(定数3)は、いずれも自民党現職で冨安民浩氏(67)=日高町高家、6期=の後援会事務所(寒川賢蔵会長)は日高町萩原917‐1に15日開設、TEL0738・63・1185。

坂本登氏(68)=みなべ町南道、4期=の後援会事務所(早川正志会長)はみなべ町南道266‐1に15日開設、TEL0739・72・2809。

花田健吉氏(56)=印南町印南原、3期=の後援会事務所(朝間諭会長)は印南町印南原1441に15日開設、TEL0738・44・7557。

2月10日の立候補予定者説明会には現職の3氏しか出席しなかったが、その後、日高町の男性(71)が届出書類を持ち帰ったということで16年ぶりの選挙戦に突入かと思われたが、この男性は「私は出馬するとは言っていない」との言葉を出しており立候補をしない模様。日増しに各陣営に出入りする支持者が多くなる中、この1ヵ月に何人かの名前が出ては消えているので、各陣営は新人出馬のうわさが飛ぶたびに関係者を焼きもきさせているが、本人4氏は常在戦上の野武士のごとく元気いっぱいだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2015年3月27日付 ピックアップトップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索