おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

御坊商工祭 6月7日 概要決まる 伊勢屋で御坊祭ロードショー 母屋の改修を終えた旧中川邸の見学会など [御坊市]

[2015年3月27日掲載]

御坊商工会議所(和歌山県御坊市)の「ごぼう商工祭2015」実行委員会(委員長・吉田擴会頭)は17日、ことし開催する商工祭の概要を発表した。開催日は6月7日(日)午前10時から午後4時。日高別院を中心とした寺内町一帯と小竹八幡神社周辺に旧中川邸などを加え、昨年人気のあった人力車の寺内町めぐりなど盛りだくさんのイベントを計画しており今から楽しみだ。

イベントを通じて御坊・日高の良さを内外にPRし、低迷する地域経済を活性化する起爆剤にしたいと始めた復活商工祭も7年目。昨年に続いて「寺内町を楽しむ!」をテーマに小竹八幡神社前・伊勢屋ゾーンをメイン会場に市内商店街や紀州鉄道などとタイアップするとともに高校生も実行委員会に招いて若者の感覚を商工祭に取り入れ盛り上げてもらう内容。各ゾーンのイベントは次の通り。

小竹八幡・伊勢屋ゾーンは午前10時の開会式に始まり、各種団体の音楽やダンス、南京玉すだれ、うまいもんマルシェの御坊・日高のフードコート、女子力アップコーナー(ネイルアート、占い、ハンドマッサージ)などをグレードアップ。伊勢屋の倉庫を映画館と見立てる御坊祭ロードショーは昭和初期と60年代の個人の記録映像に市教委が近年の御坊祭を上映する。

寺内町ゾーンは昨年、障害者の就労訓練の場を兼ねレストランとしてオープンした横町の旧中川邸の見学会を行う。同邸は母屋の改修工事も終わり4月の一般公開が待たれている。昨年人気を集め多くの人が体験した東京浅草の人力車がことしも4台登場するほか、寺内町語り部ツアーもある。

日高別院ゾーンは境内でフリーマーケットやカフェ・軽食に日高高校筝曲部演奏や書道部パフォーマンス。

高校生ゾーンは松原通りの空店舗や別院で日高高校、紀央館高校の各クラブの発表やパフォーマンス。▽商店街は松原通りの駐車場でイベント。▽紀州鉄道は当日臨時列車を運行して車内で高校生が読み聞かせなどのパフォーマンス、紀州鉄道グッズの販売を行う。

また、プレイベントとして5月1日(金)から6月6日(土)まで「ラッキーナンバーくじ」を市内全域で発行し、商工祭の当日当選番号を発表する。

(写真/ことしも人気の寺内町めぐり人力車登場)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2015年3月27日付 ピックアップトップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索