おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

みなべ・田辺の梅システム 世界農業遺産認定へシンポ、視察 [その他]

[2015年1月30日掲載]

世界農業遺産認定を目指している「みなべ・田辺の梅システム」への理解を深めようと18日に和歌山県田辺市のホテルでシンポジウム(みなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会、会長・小谷芳正みなべ町長主催)が開かれた。約330人が参加して世界農業遺産への意気込みをアピールした。

また、シンポジウムに合わせて農林水産省世界農業遺産専門家会議委員長を務めている武内和彦国際連合大学上級副学長や同会議の委員でロハス・ビジネス・アライアンス共同代表の大和田順子さんらがみなべ町清川を訪れ、清川球場前で地域住民約100人が歓迎した。関係者は清川地区で炭窯を見学した後、田辺市の紀州石神梅林と秋津野ガルデンも訪れた。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2015年1月30日付 ピックアップトップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索