おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

有田市のご当地B級グルメ「たっちょほねく丼」 有田・御坊のスーパーで販売開始! [その他]

[2015年1月30日掲載]

全国のタチウオ水揚げの約10%を誇る漁獲量日本一の和歌山県有田市が、そのタチウオを使ったB級グルメ「たっちょほねく丼」で食の町おこしをしようと、有田たっちょほねく丼食べよら会が結成され、地域や県外のイベントでPRに努めていたが、このほど地元のスーパー松源、デリシャス廣岡で商品化され22日に有田郡市、23日には御坊市のスーパーの店頭にも登場。前宣伝もあって昼前には主婦や男性客らが次々に買い求め人気は上々だった。

発売当日の22日、有田市のデリシャス廣岡保田店に、有田たっちょほねく丼食べよら会の雑賀清秀会長(57)らに、同市のシンガーソングライターでほねく丼のPRソング「ドン・たっちょくん物語」を作った大峯章嗣さん(37)も駆け付けて歌を披露すると来店客も大喜び。店内は一時、たっちょほねく丼で盛り上がった。たくさんあった商品も20分ほどで売り切れ、追加されていた。

(写真/(写真/デリシャス廣岡保田店で発売キャンペーン))

たっちょ丼は食で町おこしをしようと5年前に当地B級グルメコンテストを開催。18品の中から選ばれたのがたっちょ丼で翌年の第2回も選ばれ、有田市のご当地B級グルメに決った。その後、丼を広く県内外にPRしようと、市内の飲食店主らが「有田たっちょほねく丼食べよら会」を設立。市内11店の飲食店でメニューに登場している。

昨年11月に各地の愛好家らでつくる全国丼連盟(本部・東京)が開いた第1回全国丼グランプリの「ご当地丼部門」で、同市の和食店「しんまち」が金賞に選ばれ注目を集めていた。

今回、市内の11店で昼食に対応する店が少ないところから、より多くの消費者に食してもらおうと、地元スーパーの「松源」と「デリシャス廣岡」で商品化して販売することになった。両スーパーの系列店のうち有田市、有田川町、湯浅町、御坊市、海南市下津などの計8店で販売中。値段は税別で400円ぐらい(店により異なる)。

たっちょほねく丼は、タチウオを骨ごとつぶしてすり身にして揚げた天ぷら「ほねく」を刻んでタマネギなどと交ぜてかき揚げ風にし、溶き卵の上に乗せ、薄味のあんでとじて仕上げたもの。

雑賀会長は「タチウオはカルシウムが多く含まれ、栄養満点の丼です。より多くの人に食べていただければ」と話している。

たっちょほねく丼が販売されているのは次の店舗。▽スーパー松源=箕島店、湯浅店、吉備店、下津店、御坊店▽デリシャス廣岡=保田店、吉備店▽スーパーエバーグリーン湯浅店。

たっちょほねく丼


デリシャス廣岡保田店

スーパー松源御坊店

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2015年1月30日付 ピックアップトップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索